お知らせ

  • 2017.08.15 — version 1.17 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • 防災機能として、国土地理院が公開しているオープンデータ「指定緊急避難場所」の表示に対応しました。
      • マップ上に指定緊急避難場所情報をプロット表示
      • 任意の地点から避難場所までの経路検索機能
    • 防災機能として搭載している浸水シミュレーションが一部のエリアで正常に表示されない不具合を修正しました。
    • 浸水レベルの色分け表示を新しいものに対応しました。
    • 位置情報の利用許可と通知の設定をアプリ内の設定画面からアクセスできるようにしました。



  • 2017.05.02 — ヤマレコにSkyWalkingを使った登山のレポートをアップしました。「雪解けの蓬莱山から堂満岳へ、琵琶湖を眺めながら縦走(SkyWalkingでGPSロギング)」
    GW期間中、蓬莱山から琵琶湖の絶景が見たくなったので、2015年11月に歩いた小女郎峠・蓬莱山・打見山・木戸峠・烏谷山・南比良峠・堂満岳の縦走コースに再びチャレンジすることにしました。SkyWalkingでGPSログ取得、現在位置の確認などをスクリーンショットも交えて解説していますので、ぜひご覧ください。

  • 2017.04.02 — ヤマレコにSkyWalkingを使った登山のレポートをアップしました。「残雪の武奈ヶ岳(SkyWalkingでGPSロギング)」
    ヤマレコで情報収集すると、比良山系の山々にはまだ存分に雪が残っていることが分かりました。比良山系に行くのは、当時まだ開発中のSkyWalkingのフィールドテストも兼ねて行ったのが2015年11月のこと。積雪期の比良となると、2015年2月以来、実に久しぶりのチャレンジとなりました。琵琶湖側からの積雪期の武奈ヶ岳日帰りピストンが、どの程度体力が必要なのか経験的には知っているのですが、果たして長いブランクがある今の体力で計画的にいけるのかどうか。結果は、移動距離18km、行動時間10時間の最近ではもっともハードな残雪期の山行となりましたが、積雪の山中でSkyWalkingが大活躍し、特に体力的に問題もなく残雪期の比良・武奈ヶ岳を楽しむことができました。SkyWalkingでGPSログ取得、現在位置の確認などをスクリーンショットも交えて解説していますので、ぜひご覧ください。

  • 2017.03.19 — SkyWalking x Google Earth Pro を組み合わせて作成する登山ルートを俯瞰するGoogle Earth ツアー動画が、なかなか面白い。詳細な作成方法はいずれ詳しくご紹介しようと思いますが、まずは作成したツアー動画をYouTubeにアップしましたので、地図好きの方はご覧ください。自由に空を飛ぶ「鳥の目線」で、山や地形を見たかったのですが、GPSログからそういった表現が実現できる時代になりました。Google Earth Pro は以前は有料で提供されていたようですが、今は無料で利用できるようです。

滋賀県・比良山地 武奈ヶ岳 登山(SkyWalking x Google Earth Pro)


  • 2017.03.10 — version 1.11 リリースを記念して、3月10日から3月18日までの期間限定で、機能制限なしの有料版を480円から120円に値下げするキャンペーン行っています。この機会にぜひ有料版へのアップグレードをご検討ください。

  • 2017.03.09 — version 1.11 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • GPSログデータをエクスポートする機能を強化しました。
      • GPSログデータからGPX、KML、CSVに変換してエクスポートする機能を追加しました(有料版のみ)。SkyWalkingで取得したGPSログをKMLに変換することで、シームレスにGoogle EarthGoogle mapsにデータを共有することができます。
      • 無料版は、取得したGPSログをGPXに変換して外部に書き出すことができませんでしたが、GPSログ全体の20%までのデータをGPXファイルに変換して外部にエクスポートできるようにしました。GPXエクスポート機能のトライアルとしてお試しいただけます。有料版へアップデートすると制限が解除されます。
    • アプリの設定に、以下の機能を追加しました。
      • 浸水シミュレーションのキャッシュ削除機能
      • 浸水シミュレーション機能表示のON/OFF
      • GPSログ記録中の確認アラート表示のON/OFF

  • 2017.02.11 — ヤマレコにSkyWalkingを使った登山のレポートをアップしました。「雪景色の京都・大文字火床からの絶景を堪能(SkyWalkingでGPSロギング)」

    京都市の平地で雪が積もることは珍しいのですが、道路に雪は積もっていなかったものの家々の屋根は白く、雪が積もっていました。そこで京都市街地が一望でき、五山の送り火で有名な東山の大文字火床から、雪景色の京都市街地を見に行くことにしました。移動距離3.5km、行動時間2時間15分の軽いハイキングでしたが、山道には雪が積もり、雪山気分を味わえる山行となりました。SkyWalkingでGPSログ取得、現在位置の確認などをスクリーンショットも交えて解説していますので、ぜひご覧ください。


  • 2017.01.07 — ヤマレコにSkyWalkingを使った登山のレポートをアップしました。「冬の快晴の愛宕山(iOSアプリSkyWalkingでGPSログ取得)」

    快晴の冬の朝、愛宕神社への初詣も兼ねて、日の出とともにJR保津峡駅から出発し、標高924mの愛宕山山頂を目指して歩きました。移動距離17.5km、行動時間7時間40分、累積標高登り1203m、下り1178mの山行となりました。移動中SkyWalkingでGPSログを取得し、地図で現在位置を確認するなど、SkyWalkingでのGPSログの取得やオフライン地図の使い方などを、スクリーンショットも交えて解説していますので、ぜひご覧ください。


  • 2017.01.06 — version 1.10 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • 地図タイルの表示とオフライン地図データ作成時の地図タイルダウンロードの安定性を強化する修正を行いました。
    • 3Dマップ機能(スカイモード機能)の安定性を強化する修正を行いました。



  • 2016.07.26 — version 1.08 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • GPSログ記録中でない場合に、現在地を追随をONにしても有効にならないバグを修正しました。

  • 2016.07.01 — version 1.07 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • オフライン地図データにカシミール3Dのマップカッターで作成した「KMZファイル」を外部からインポートして利用できるようにしました。
    • GPSログ記録中のルートを長押しすることで、高度グラフを表示できるようにしました。

  • 2016.06.07 — 第5回地理院地図パートナーネットワーク会議が開催されました。国土地理院が主催する「第5回地理院地図パートナーネットワーク会議」が東京において開催され、SkyWalking 開発者の私DEEP KICK.com 本多が、「地理院タイルを使ったオフライン地図作成機能」というテーマで発表してきました。昨日の会議で行われた発表のスライドなどの資料は、下記国土地理院のサイトにて公開されておりますので、地理空間情報に興味のある方はご覧ください。またSlideShareでも、私が発表で使用したスライド資料を公開しております。

    「地理院地図パートナーネットワーク会議」のスライドをSlideShareで見る

    「地理院地図パートナーネットワーク会議」のサイト


  • 2016.06.03 — version 1.06 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • ベースマップに「OpenCycleMap」を追加しました。OpenCycleMap は日本国外のエリアでも等高線が表示されるので、海外での地形の確認に便利な地図となっています。
    • 高速で走行中の車や電車で移動中にGPSログ記録を開始した場合、GPSログ取得の開始までに時間がかかる場合がある問題を修正しました。

  • 2016.05.26 — 第5回地理院地図パートナーネットワーク会議で発表します。国土地理院が主催する「地理院地図パートナーネットワーク会議」が下記日程で開催されるのですが、SkyWalking 開発者の私DEEP KICK.com 本多が、「地理院タイルを使ったオフライン地図作成機能」というテーマで発表します。事前登録制のようなので、興味のある方は、下記詳細をご確認ください。

  • 2016.05.24 — version 1.05 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • 「SkyWalking の使い方」の解説を充実させました。以下の章に分けてまとめてあります。
      1. 地図の使い方
      2. データの管理
      3. オフライン地図データの作成
      4. お気に入り地点の追加
      5. GPSログの記録
      6. GPXデータのインポート・エクスポート
      7. 設定
      8. 知っておくと便利なTips
    • 軽微なバグを修正しました。

  • 2016.05.14 — ヤマレコにSkyWalking関連のレポートをアップしました。「新緑の嵐山高雄パークウェイと神護寺の青もみじ(iOSアプリSkyWalkingでGPSログ取得)」京都の山々は新緑が映える美しい季節を迎えております。夏を感じる日差しの中、京都市の北西部に位置する嵐山高雄パークウェイに気分転換にドライブに行ってきました。移動中SkyWalkingでGPSログを取得し、地図で現在位置を確認するなど、登山・防災用GPSオフラインマップアプリとしての機能を備えるSkyWalkingの使い方を、スクリーンショットも交えて解説していますので、ぜひご覧ください。

  • 2016.05.12 — version 1.04 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • 対応する機種にiPadを追加しました。iPadにインストールすると、iPadの画面サイズに最適化されたレイアウト、フルスクリーンでの地図表示をお楽しみいただけます。
    • 地図表示を高速化するために、地図タイル画像の表示まわりを修正しました。

  • 2016.04.26 — version 1.03 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • ベースマップにオーバーレイ表示する情報に、以下の地図データ・画像データを新たに追加しました。
      • 日本の国土の地質・岩質を色別に表示した日本シームレス地質図(国立研究開発法人産業技術総合研究所・地質調査総合センター提供)
      • 平成28年熊本地震に関する空撮タイル地図(国土地理院提供)
      • 西之島付近の噴火活動に関する空撮タイル地図(2016年3月3日撮影・国土地理院提供)
    • オーバーレイ表示中にinfoボタンを使って、オーバーレイに関する解説文および凡例情報を表示するようにしました。これにより、色別に分けられていたり、番号が割り振られていたりする場合、それらの凡例が何を表すのかについて詳しく理解できるようになりました。

  • 2016.04.08 — version 1.02 リリースを記念して、本日4月8日から4月11日までの期間限定で、機能制限なしの有料版を480円から240円に値下げするキャンペーン行っています。この機会にぜひ有料版へのアップグレードをご検討ください。

  • 2016.04.08 — version 1.02 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • アプリ内の言語に英語表記を追加しました。
    • 内部処理をiOS9.3 に対応しました。
    • フォルダ名の変更、フォルダの移動をした場合の軽微なバグを修正しました。

  • 2016.04.01 — version 1.01 をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。
    • 一部のアプリ設定の変更が保持されない不具合を修正しました。
    • GPSログ記録の機能を強化。GPSログレコーディング中にアプリがクラッシュした場合もそれまで記録したログを復帰できるようにしました。