1-1. 地図の操作系

SkyWalkingの地図画面には、地図を操作するためのボタンやメニュー、そして現在表示されている地理情報を表示するズームレベル値やスケールバー、標高付きのセンターコンパスなどが配置されています。

地図の操作系
地図の操作系

 

地図の操作には、iPhoneの操作でおなじみのピンチアウトやピンチイン、ダブルタップなども使用できます。地図のズームや移動などの操作は、アップルの「マップアプリ」とほとんど同じですが、簡単に説明すると、

地図のズームを拡大するには、

  • ズームボタンの+ボタンをタップ
  • 地図上をピンチアウト(2本の指で同時に外側へ広げる)
  • 地図上をダブルタップ

します。

地図のズームを縮小するには、

  • ズームボタンの−ボタンをタップ
  • 地図上をピンチイン(2本の指で同時に内側へ狭める)

します。

センターコンパス、ズームボタン、地名検索ボタン、モード切替ボタンは、設定から表示・非表示を選択できます。地図領域を広くしたい場合は、非表示にしてください。

SkyWalking は、以下の地図タイプやオーバーレイ利用時に一度表示したタイル画像は自動的にキャッシュとしてアプリ内に保存し、再利用するようになっています。

  • OpenStreetMap
  • OpenCycleMap
  • 国土地理院 標準地図
  • 国土地理院 淡色地図
  • すべてのオーバーレイ

オフライン地図の作成ができない国外のエリアは、オフライン時に表示したいエリアを一度地図に表示しておくことで、キャッシュとしてアプリ内に保存されるので、オフライン地図として使用することができます。