トップページ » portfolio » 著作・執筆・雑誌連載 » Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション

Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション
  • 書籍執筆

ハヤシカオルの7冊目の書籍となる「Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション」(技術評論社)です。本書は、ActionScript 3.0の基本的なことを習得されている方で、Papervision3D 2.0やFlash 3Dに興味はあるが初めてであったりよく分からないといった方を対象としており、サンプルはすべてFlash Player 10対応、ActionScript 3.0ベースとなっています。
60を超える豊富なサンプルデータをサポートサイトからダウンロードすることができ、Flash CS4 をお持ちでない方も無料でダウンロードできるFlex 3.3 SDKをインストール済みの環境であれば、本書のサンプルを開いてコンパイルすることができます。

書籍データ

書名
Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション
著者
ハヤシカオル
出版社
技術評論社
出版年月
2009年7月31日
判型
B5変形判
ページ数
376ページ
ISBN
ISBN 978-4774139371
価格
3,780円(税込)

本書の購入ができます。(amazon.co.jp)

内容紹介

「はじめに」より抜粋

本書は、Papervision3D 2.0 + ActionScript3.0を使ったFlash 3Dアニメーションにチャレンジする人を対象とした書籍です。Papervision3Dは、Flashで3Dを扱うことができる画期的なオープンソースのライブラリです。本書は、Papervision3Dの入門書です。ただし、ActionScript 3.0の基本的なことを習得済みの方を想定しています。もしあなたがActionScript3.0について多少経験があるが、Flash 3DやPapervision3Dは初めてという方であれば、まさに本書が想定している読者対象者です。ぜひPapervision3Dの世界に足を踏み入れてみてください。2Dから3Dへの、文字通り「次元」の異なる画期的な世界の入り口に、あなたは今立っています。

本書は60以上の豊富なサンプルコードが用意されており、ソースコードのすべてをダウンロードすることができます。読者のみなさんがお使いの環境でサンプルコードを実際に開いて見ながら、Papervision3Dのプログラミングの理解を深めていく形式を取っています。本書を読めば、Papervision3Dを使用したコンテンツの開発環境を整えるところから、Tweenerを駆使した優美なカメラワークを伴ったインタラクティブなFlash 3Dアニメーション作成のテクニックを習得することができます。

本書で解説・制作する主な3Dアニメーション

pv3d_samples.jpg

本書で解説する3Dアニメーションのサンプルはこちらをご覧ください。

Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション:目次

準備編

  • Chapter 1 Papervision3Dとは
    • 01-01 Flash 3Dの世界
    • 01-02 Flash 3Dライブラリ
    • 01-03 Papervision3Dの特徴とバージョン
    • 01-04 本書の目的
    • 01-05 本書で使用している環境
  • Chapter 2 Papervision3Dのインストール
    • 02-01 Subversionクライアントのインストール
      • Mac OS X にsvnXをインストールする手順
      • Windows にTortoiseSVNをインストールする手順
    • 02-02 Subversionの使い方
      • svnXの使い方
      • TortoiseSVNの使い方
    • 02-03 Papervision3Dのファイル構成
    • 02-04 Flashの環境設定
  • Chapter 3 3D座標の基礎知識
    • 03-01 2D座標空間
    • 03-02 左手座標系と右手座標系
    • 03-03 複数の座標空間
    • 03-04 基本軸周りの3D回転
    • 03-05 階層構造を持つ座標空間
    • 03-06 Papervision3Dの3D座標
    • 03-07 Flash Player 10の3D座標
    • コラム Papervision3Dのオフィシャルサイト
  • Chapter 4 ActionScript 3.0の基本
    • 04-01 データ型
    • 04-02 クラスの設計と継承
    • 04-03 イベント処理の基本
    • 04-04 ループ処理
    • 04-05 ステージのリサイズイベント
    • 04-06 マウスイベント
    • 04-07 キーボードイベント
    • 04-08 階層構造を持つ座標空間の2Dサンプル

基礎編

  • Chapter 5 DisplayObject3Dオブジェクトの表示
    • 05-01 3D空間とレンダリング
    • 05-02 マウスとカメラ位置の連動
    • 05-03 プリミティブオブジェクト
      • a. Planeクラス
      • b. Sphereクラス
      • c. Cylinderクラス
      • d. Coneクラス
      • e. Cubeクラス
    • 05-04 マテリアル
      • a. WireframeMaterialクラス
      • b. ColorMaterialクラス
      • c. BitmapFileMaterialクラス
      • d. BitmapAssetMaterialクラス
      • e. MovieAssetMaterialクラス
      • f. VideoStreamMaterialクラス
      • g. MaterialsListクラス
    • 05-05 カメラ
      • a. ターゲットカメラ
      • b. フリーカメラ
      • c. デバッグカメラ
      • d. 視錐台
      • e. 視点と焦点距離
      • f. 視野角
      • g. ズーム機能
      • h. ピクセル等倍
      • i. zoom、focus、zの値を操作するサンプルの作成
    • 05-06 基本形となるドキュメントクラス
    • 05-07 BasicViewクラス
  • Chapter 6 インタラクティブに動かす
    • 06-01 DisplayObject3Dオブジェクトの移動と回転
      • a. DisplayObject3Dの直線運動
      • b. DisplayObject3Dのプロパティ
      • c. DisplayObject3Dのメソッド
      • d. DisplayObject3Dの回転運動
      • e. lookAt()メソッド
    • 06-02 カメラの移動と回転
      • a. カメラの直線運動
      • b. カメラの回転運動
      • c. カメラのオービット
    • 06-03 複数のviewport
    • 06-04 DisplayObject3Dのイベント処理
    • 06-05 FileLoadEventクラス
    • コラム Math.atan2()メソッドで角度を計算する
  • Chapter 7 ライティングとシェーディング
    • 07-01 PointLight3Dとshadematerials
      • PointLight3Dクラス
      • a. CellMaterialクラス
      • b. FlatShadeMaterialクラス
      • c. GouraudMaterialクラス
      • d. PhongMaterialクラス
    • 07-02 ShaderとShadedMaterial
      • ShadedMaterialクラス
      • a. CellShaderクラス
      • b. FlatShaderクラス
      • c. GouraudShaderクラス
      • d. PhongShaderクラス
      • e. EnvMapShaderクラス
    • 07-03 ReflectionViewクラス
  • Chapter 8 フィルターとエフェクト
    • 08-01 ViewportLayerクラス
    • 08-02 フィルターの適用
    • 08-03 ColorTransformクラスの適用
    • 08-04 BitmapEffectLayerクラス

応用編

  • Chapter 9 Tweenerを使った3Dモーション
    • コラム マテリアルをタイル状にマッピングする
  • Chapter 10 3Dモデリングデータの読み込み(Google SketchUp)
    • コラム Mouse3Dでオブジェクト上のワールド座標を取得する
  • Chapter 11 Text3Dモーション
  • Chapter 12 Ribbon3Dモーション
  • Chapter 13 3Dギャラリーの制作
  • Appendix
    • 三角関数
    • Flex SDKでの開発

→ サンプルデータのダウンロードなど、技術評論社のサポートページはこちら

お問い合わせ

この書籍に関するお問い合わせは、技術評論社のお問い合わせフォームからお願いいたします。いただいたご質問に個別に回答することや、書籍の内容に関連する事柄であっても個人レッスンに相当するような回答は控えさせていただきますので、なにとぞご了承ください。

contents
about
contact
iPhone/iPad アプリ
portfolio
Photo Gallery