トップページ > portfolio > Movable Typeを利用したサイト > てづくりTシャツ・服・小物のお店 オリベッティ

てづくりTシャツ・服・小物のお店 オリベッティ

個人経営の小さな洋服・小物のお店のサイトです。MT4.1で構築されています。カスタムフィールドを効果的に使い、商品情報を管理することに成功しています。

てづくりTシャツ・服・小物のお店 オリベッティ

てづくりTシャツ・服・小物のお店 オリベッティ

  • デザイン・HTMLコーディング
  • SEO対策(検索エンジン対策)
  • webマーケティング・アクセス解析
  • MTによるコンテンツ管理

MT4.1で構築した個人経営の小さな洋服・小物のお店のサイトです。お店のスタッフ(基本的なHTMLタグが少しわかる程度)が、商品ページを自在に追加・編集できるように、ブログ記事を書く要領で商品の情報を追加することができます。

MT4.1から導入されたカスタムフィールドを使い、商品ページ作成に必要な情報を効率的に管理できるシステムを構築しました。カスタムフィールドはデフォルトでMTに用意されているブログ記事管理ページに、独自にテキスト入力フィールドなどのフォームを追加できる機能です。

mt41a.png

上の図を見てください。
例えばトップページにあるおすすめリストに商品のサムネイル画像を追加したい場合、この画面の「トップページのリストに表示」のチェックボックスをオンにして再構築するだけで反映されます。また一覧表時用の画像や商品番号・定価・サイズ・カラーなどの情報をそれぞれを入力するためのカスタムフィールドを設置していますので、複雑なHTMLタグを記述することなく、商品ページを作成することが可能です。

このようにMT4.1からカスタムフィールドが導入されたことで、ウェブサイトの特性に合わせて、入力したい情報や項目ごとに独自にテキストフィールドを管理画面上に追加することが可能です。追加できるカスタムフィールドの数は制限がないので、非常に柔軟なコンテンツ管理システムを構築することができます。

入力された商品ページは、ブログ記事リストで管理されます。例えば在庫切れなどで表示したくない商品ページは、該当するブログ記事を「下書き」状態にすることで、スムーズにサイト上から非表示にすることが可能です。

mt41b.png

上の図を見てください。少しわかりづらいですが、ブログ記事は「下書き」の状態と「公開」の状態を選択することができるので、一時的に(あるいは将来的に)表示しないページを下書きにすれば、自動的にサイト上からそのページを削除(非表示)することができます。再度表示する場合は「公開」にするだけでOKです。

簡単に紹介しましたが、MT4.1とカスタムフィールドを効果的に使うことで、非常に優れたCMSツールをウェブサイトに導入することが可能です。

contents
about
contact
iPhone/iPad アプリ
portfolio
Photo Gallery