« 枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (03) エピローグ 指宿枕崎線から開聞岳を見る | 摩文仁の丘より

2011年4月22日

電子書籍写真集「東京 桜紀行 2011 for iPhone/iPad」をリリースしました

本ブログの著者・ハヤシカオルが、東日本大震災から1ヶ月後の東京の桜の風景と、桜を愛でる人々を撮ったiPhone/iPadアプリの電子書籍写真集「東京 桜紀行 2011 for iPhone/iPad」が、全世界のApp Storeで公開されました。無料です。

詳細は、「東京 桜紀行 2011 for iPhone/iPad サポートサイト」をご覧ください。

今、私にできることは何か?

東日本大震災、大津波、そして福島第一原発事故。いったい日本は、東北は、福島は、東京は、どうなってしまうのか?

日本は放射線に汚染されて危険であるというニュースが世界中を駆けめぐりました。私は東京の現実を、微力ながら世界に伝えなければいけないと思いました。そうしないと、日本から来たものはすべて被爆していることになってしまいます。

カメラを携えて、東京の街を歩き、そこで出会ったものは、満開の桜、そして桜を愛するいつもと変わらない人々の姿でした。

私は一週間ほどかけて、東京の街や公園を歩き回り、桜と人々の写真を撮りまくりました。そこから58枚の写真を選び、私なりのテキストをつけて、ついでに英語に翻訳しました。下手な英文で申し訳ないとは思いましたが、とにかく世界に向けて少しでも伝わる努力をしたい。それがそのときの私にできることと考えたわけです。

東京の桜を愛する人々、そして日本復興のために心血をそそいで立ち上がる人々に、この写真集を捧げます。

「東京 桜紀行 2011 for iPhone/iPad サポートサイト」

2011年4月22日 02:21