« 2010年4月 | 摩文仁の丘より | 2011年4月 »

2010年5月13日

枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (03) エピローグ 指宿枕崎線から開聞岳を見る

 来た道を引き返してホテルに戻り、チェックアウトを済ませた私は、ホテルの女将さんの車で枕崎駅にほど近い南溟館という美術館まで送ってもらった。シーサイドホテル八潮は古かったが、親切な女将さんだった。女将さんの話では、枕崎は観光客はあまり見かけないという。ホテルの利用客も観光目的よりは仕事で訪れる客が多いと言っていた。

続きを読む » "枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (03) エピローグ 指宿枕崎線から開聞岳を見る"

2010年5月13日

枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (02) 殉難鎮魂之碑から東シナ海を望む

 朝七時半頃に目が覚めた。窓から外を見ると、朝日が眩しい。快晴で穏やかな一日になりそうだ。
 私は八時過ぎにホテルを出た。ホテルのすぐ裏手の海岸沿いが、火之神公園という東シナ海を一望できる公園になっており、岩場が海に鋭く切れ込んでいる。
 岩場に出てみると、岬の先に「立神岩」と呼ばれるロウソクのような形状が印象的な巨岩が、海からひょっこりと立っている。この立神岩は、高さが四十二メートルあり、枕崎のシンボル的存在だという。

IMG_0304.JPG

続きを読む » "枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (02) 殉難鎮魂之碑から東シナ海を望む"

2010年5月13日

枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (01) 枕崎到着

 二〇〇九年七月のある日の夕方、鹿児島県にある万世特攻平和祈念館を訪れていた私は、タクシーで加世田のバス停に戻り、そこから枕崎に向かうバスに乗り込んだ。

 特に何か目的があったわけではなく、枕崎を訪れるのはまったく初めてのことだった。今回の旅で、鹿児島を訪れた最大の目的だった知覧特攻平和会館と万世特攻平和祈念館を訪れることができたので、その日は鹿児島中央駅に引き返さずに、寄り道して枕崎あたりで宿を探して一泊し、翌日はJRの路線でもっとも南を走る路線と言われているJR指宿枕崎線に乗って、ぐるりと薩摩半島を回って鹿児島中央駅に戻ればいい、そんなことを考えたのであった。

続きを読む » "枕崎・平和祈念展望台より、戦艦大和を想う (01) 枕崎到着"

2010年5月13日