トップページ » DEEP KICK.com Blog » Flickr

Flickr

2012年11月28日

【本日の一枚】清水寺の紅葉

The Red leaves of Kiyomizu-Dera, Kyoto / 清水寺の紅葉(京都)

早朝、京都はこの秋一番の冷え込みだったらしい。この時期の清水寺は非常に混雑するので早朝の空いている時間を狙い、カメラを担いで清水寺へ行ってきた。最初は日陰だった境内の森にも、日が登るにつれて日光が差し込んできた。奥の院から三重塔越しに京都盆地、そして低くたなびく雲の上に、先日登山してきた愛宕山の山頂が見えた。天候に恵まれ、絶好の撮影日和。朝早く起きて来た甲斐があった。

寒暖の差が激しい今年は、紅葉がひときわ紅く染まっているようである。7月末の暑い夏の盛りに京都に引っ越してきて初めて体験する京都の夏の暑さにフラフラになり、そしてまだ秋なのにいつのまにやら京都の底冷えする寒さに震え上がっているが、四季がハッキリしている京都の気候は、木々や山を見事なまでに深い紅で染め上げていく。江戸時代にも多くの参拝客が訪れ、この写真と同じ風景を楽しんだことを想うと、時空を超えた感覚を共有しているようで楽しい。清水寺の紅葉は、今が見頃である。

Flickr :「The Red leaves of Kiyomizu-Dera, Kyoto / 清水寺の紅葉」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年11月28日

2012年11月 8日

【本日の一枚】南禅寺の紅葉

Red leaves of Nanzen-Ji, Kyoto / 南禅寺の紅葉(京都)

東山の南禅寺の紅葉の様子を観に出かけてみた。三門を奥に進んだ境内のモミジが美しく色づいていた。モミジの紅葉は、赤や黄、そして緑のそれぞれの層がほどよく配置されているのが美しいと思う。京都に来て良かったと思う一瞬である。

Flickr :「Red leaves of Nanzen-Ji / 南禅寺の紅葉」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年11月 8日

【本日の一枚】清滝の紅葉

Red leaves of Kiyotaki / 清滝の紅葉

山陰本線の保津峡駅から保津峡・金鈴峡を清滝まで歩いた。山の標高の高いところでは、木々が紅く染まり始めていた。金鈴峡の渓流沿いに東海自然歩道が続いており、歩くことができる。たまたまかもしれないが、誰一人すれ違う人はおらず、川のせせらぎだけが聴こえる静かな山歩きが楽しめた。
この写真は清滝にほど近い清滝川の風景である。紅葉した木々が川面に写り、民家が風景に溶け込んでいるのが印象的だった。京都の山里の魅力は、人の営みから隔絶された大自然でもなく、自然が見当たらない人工物に囲まれた空間でもない、古より営々と続いてきた人と自然が一体になった静かな調和にあるのではないだろうか?ふとそんな気がした。
京都はこれから本格的な紅葉シーズンが始まる。

Flickr :「Red leaves of Kiyotaki / 清滝の紅葉」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年11月 8日

2012年6月15日

【本日の一枚】築地本願寺

Tsukiji-Hongan-Ji / 築地本願寺

都心近くにある近代建築や神社仏閣建築物の写真を撮るようになって、いろいろな建築物をさまざまな角度から眺めては写真を撮ってきたけれど、築地本願寺のインド様式の仏閣は、やはり群を抜いて一種独特の存在感があった。
なんと言うか、日本のお寺とはまったく違う雰囲気を漂わせているとしか言いようのない異質な空気が取り巻いている。この間京都に行った際に、築地本願寺の総本山である西本願寺にも立ち寄ってみたときのことを思い返すと、それとはまったく異質な空間・気配を感じないわけにはいかない。それだけにどうやってこの建築物を撮ったらよいか、あれこれ試行錯誤した結果が、この一枚である。
何も聞かされずに、ここに連れてこられた人物は、おそらく日本の伝統あるお寺だとは思いもつかないのではないだろうか?内部にはパイプオルガンもあり、自由に出入りすることができる非常にオープンで斬新なお寺である。

Flickr :「Tsukiji-Hongan-Ji / 築地本願寺」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年6月15日

2012年6月 3日

【本日の一枚】スカイツリー・夜景

Lightened up Tokyo Sky Tree / スカイツリー・夜景

今日、スカイツリーが美しくライトアップされていることに気がついた。今までライトアップされているスカイツリーを見たことはあったが、どうやら開業前のテストだったようで、開業後に美しくライトアップされたスカイツリーをしっかりと見るのは、今日が初めてだったように思う。そのようなわけで撮影したのが、この写真である。紫に光るライティングが、東京タワーと対照的な色使いでおもしろい。

Flickr :「Tokyo Sky Tree / 東京スカイツリー」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年6月 3日

2012年6月 2日

【本日の一枚】等々力不動尊の仏像

Todoroki Fudoson in June /  6月の等々力不動尊

等々力渓谷に生まれて初めて行ってきた。
前々からいつかは写真を撮りに行ってみようと思っていたが、それが今日の写真教室の撮影実習で、ようやく実現した。
等々力渓谷自体は、自由が丘のすぐ近くという都会の真ん中に残る渓谷と呼ぶにふさわしい、川のせせらぎが聞こえる素晴らしい場所だったのだけれど、今日一番、写真に撮りたくなったのは、この写真の石像の仏であった。
なんというか、スッと鼻筋が通ったハンサムな仏像なのである。こういう仏像は、前に見たことあるな、どこだっけ。。。そうそう、いつぞや上野の博物館で見た、アフガニスタンあたりで発掘されたギリシャ文明の影響が色濃く残る仏像だったような記憶があるが、定かではない。
ともかく、この仏像がギリシャ文明の影響を受けているとは思えないけれども、等々力不動尊で遭遇したいかにも男前な仏に惹かれて、思わずシャッターを切ったのがこの一枚である。

Flickr :「Todorokikeikoku / 等々力渓谷 2012年6月」はこちら

投稿者 kaoru : 2012年6月 2日

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio