トップページ » DEEP KICK.com Blog » 仕事日記

仕事日記

仕事ネタ。最近こんなことしていますとか、こういうもの作りましたとか。

2012年4月21日

震災以後、初エントリー

東日本大震災以後、長らくこのブログもほったらかしになってしまっていました。最後のエントリーが2011年3月11日午前2時48分の日付になっているところを見ると、その12時間後の午後になって、私は自分のオフィスであの大震災に遭遇することになるわけですが、あれから1年以上が過ぎ、本日サーバーの引越しなんかも終わり、ようやくこうしてエントリーを書く気になったと、そういうことなんであります。

続きを読む » "震災以後、初エントリー"

投稿者 kaoru : 2012年4月21日

2011年3月 9日

沖縄紀行シリーズ第4弾「基地の島と慰霊の旅編」が公開

本日、沖縄写真集・沖縄紀行第4弾「基地の島と慰霊の旅編」のiPad版とiPhone版が、App Storeで無事に公開されました。正直いって感無量という気分です。思えばずいぶん長かった。しかし、しかし、ようやくここまで辿り着きました。

例えて言うなら、心血注ぎ込んで300ページの単行本を書き上げて、ようやく北千住・ルミネのブックファーストかマルイの紀伊国屋で、あるいは池袋のジュンク堂で、自分の本が「平積み」になって並べられているのを眺めるような、そういう充実した気分です。

続きを読む » "沖縄紀行シリーズ第4弾「基地の島と慰霊の旅編」が公開"

投稿者 kaoru : 2011年3月 9日

2011年3月 5日

クライストチャーチ写真集 Kia ora! Christchurch for iPad 公開

DEEP Gallery for iPad で作成したiPad用電子書籍・写真集が、ひとつ公開されました。クライストチャーチ写真集 "Kia ora! Christchurch for iPad" です。

クライストチャーチは、2月22日の地震で、多くの方が亡くなり、被災しました。日本人の留学生の方も巻き込まれて、現在でも救助隊の捜索が続いていることは、連日のニュース報道の通りです。

企画と写真と文章を提供してくれた著者のAyumi Hayashiさんは、長年にわたり "ニュージーランド観光情報サイト Haere Mae! AOTEAROA" の管理人をされており、何度も訪れた経験を持つクライストチャーチが今回の震災を乗り越えて一日でも早く復興できるように、本アプリをチャリティー目的で制作し、本アプリで得た収益を赤十字社を通してクライストチャーチ震災義援金に寄付する意向です。

続きを読む » "クライストチャーチ写真集 Kia ora! Christchurch for iPad 公開"

投稿者 kaoru : 2011年3月 5日

2011年3月 2日

沖縄紀行シリーズ第4弾「基地の島と慰霊の旅編」をアップロード

本日、沖縄写真集・沖縄紀行第4弾「基地の島と慰霊の旅編」のiPad版、iPhone版をAppleに申請しました。うまく行けば、1週間後ぐらいにApp Storeにて販売されると思います。

続きを読む » "沖縄紀行シリーズ第4弾「基地の島と慰霊の旅編」をアップロード"

投稿者 kaoru : 2011年3月 2日

2008年12月31日

AS3 Technical Bible - vol.06
TweenMaxを使ったフォトギャラリー

w86cover.jpg web creators 2009年2月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「TweenMaxを使ったフォトギャラリー」になります。本連載でもって、わたくしハヤシカオルの執筆はひとまず終了することになりました。「Flash Creative Technicque」時代を含めると、3年にわたって「web creators」の連載を担当してまいりました。毎月4ページの連載を続けるのは、それなりに大変でしたが、ここまで継続することができました。この場を借りまして、読者のみなさまに御礼申し上げます。ご愛読いただきありがとうございました。またどこかでお会いしませう。

deepphotogrid.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。

TweenMaxは、ActionScriptのモーション系ライブラリのひとつで、GreenSockを運営しているJack Doyle氏が提供しています。最新版のTweenMaxはGreenSockのサイトからダウンロードできるので、そちらから手に入れるようにしてください。なお、ここでは執筆時点(2008年11月)での最新版「TweenMax (AS3) version 3.4」を使用しており、それ以外のバージョンでは仕様上の変更の可能性があることをご承知おきください。TweenMaxの使い方に関する詳細は、誌面および「gs/TweenMax.as」の冒頭部分にコメントとして記述されているので、そちらに譲りたいと思いますが、ここでは誌面では詳しくとりあげられなかったフォトギャラリーとTweenMaxの連携について、若干補足したいと思います。なおサンプルのソース一式は、誌面に掲載されているパスワードを使用して、web creatorsのサイトからダウンロードすることができます。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.06
TweenMaxを使ったフォトギャラリー"

投稿者 kaoru : 2008年12月31日

2008年11月30日

AS3 Technical Bible - vol.05
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2

w85cover.jpg web creators 2009年1月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2」になります。

deepblocktennis2.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、2Dアクションゲームの原点のブロックくずし型ゲーム「DEEP BLOCK TENNIS」の作成について解説します。前回は、「パッド」と「ボール」がシーン内において跳ね返り運動を延々と行い続けるところまで作成しました。今回は、ブロックとなるオブジェクトをシーン内に配置し、ボールとブロックの衝突処理を中心に解説し、ゲームを完成させます。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではブロックをシーン内に配置する仕組みと、ブロックの種類を制御する仕組みについて補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.05
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2"

投稿者 kaoru : 2008年11月30日

2008年10月30日

AS3 Technical Bible - vol.04
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1

w84cover.jpg web creators 2008年12月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1」になります。

deepblocktennis1.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。
左右矢印キーで、パッドを動かします。

今回の連載から2回に分けて、2Dアクションゲームの原点のブロックくずし型ゲーム「DEEP BLOCK TENNIS」の作成について解説します。ゲームの構成要素としては、縦横に並んだ「ブロック」、左右に移動させる「パッド」、パッドやブロックやシーンの壁に衝突して跳ね返り運動を行う「ボール」の3つの要素があります。前編となる今回は、「パッド」と「ボール」がシーン内において跳ね返り運動を延々と行い続けるところまで作成します。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではキーでパッドを制御するメソッドの定義と、パッドとボールの衝突処理について補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.04
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1"

投稿者 kaoru : 2008年10月30日

2008年10月14日

連載を一冊にまとめた「ActionScript クリエイティブテクニック - Flash CS3/8対応版」発売!

ActionScript クリエイティブテクニック [Flash CS3/8対応版] MdNのWeb制作総合誌「月刊 web creators」2006年02月号(vol.50)から2008年08月号(vol.80)までの、およそ2年半にわたって掲載した「Flash Creative Technique」が「ActionScript クリエイティブテクニック [Flash CS3/8対応版]」というタイトルで一冊の書籍になりました。連載時に執筆したものから、大幅に加筆・修正を加えた内容になっていますので、ご興味のある方は、ぜひ書店で手にとってみてください。サンプルのデータもダウンロードすることができます。

「ActionScript クリエイティブテクニック [Flash CS3/8対応版]」の詳細は、こちらをご覧ください。

投稿者 kaoru : 2008年10月14日

2008年9月30日

AS3 Technical Bible - vol.03
シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成

w83cover.jpg web creators 2008年11月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成」になります。

FLVPlayer2.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回のweb creators 2008年10月号で解説したAS3版FLV Playerに改良を加えて、シーク機能とボリュームコントローラーを実装したFLV Playerを作成します。便宜上、前回作成したものを「ver. 1」、今回のものを「ver. 2」と呼ぶことにします(サンプルは上のリンクをクリック)。
今回作成する「ver. 2」のポイントは2つあります。1つは、ドラッグ可能領域となるバーの上を左右にスライドすることができるボタンを作成すること。もう1つは、そこから得た値を、FLVの再生ヘッドの位置やボリュームに適用することです。実際にできあがったサンプルのコントロールエリア部分を操作してみて、各機能を把握するとよいでしょう。詳しい解説は誌面のほうにゆずりますが、ここでは「ver. 2」で新たに追加したコードについて補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.03
シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成"

投稿者 kaoru : 2008年9月30日

2008年8月31日

AS3 Technical Bible - vol.02
フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成

w82cover.jpg web creators 2008年10月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成」になります。

FLVPlayer1.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

誌面の冒頭で述べているように、AS3では、NetConnectionオブジェクトとNetStreamオブジェクトを通してFlash Videoファイル(以下FLV)を制御するように仕様が変更されました。誌面の解説では、FLVを制御するために知っておきたい基本的な仕組みと、FLVコンテンツの再生・一時停止機能およびフルスクリーンモード切替機能について解説しています。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではvideoインスタンスにFLVを再生するための手順について補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.02
フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成"

投稿者 kaoru : 2008年8月31日

2008年7月30日

AS3 Technical Bible - vol.01
マウスイベントと連動した"さざ波"の作成

w81cover.jpg web creators 2008年09月号 からスタートした新連載「ActionScript 3 Technical Bible」は「マウスイベントと連動した"さざ波"の作成」になります。

rippleMaker.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

はじめに、今月号(2008年09月号)の「web creators」からスタートする新連載「ActionScript 3 Technical Bible」の執筆を、ハヤシカオルが担当することになりました。先月号(2008年08月号)までおよそ2年半にわたって執筆させていただいた「Flash Creative Technique」から、さらにActionScript3を究めるためのテクニックを中心に紹介していきます。
本連載では、ActionScript1.0/2.0 で制作してきたクリエイターが、ActionScript3.0に移行するために理解しておきたい事柄について説明していければと考えています。というのはご存じのように、ActionScript1.0/2.0とActionScript3.0では、スクリプティング手法そのものが別の言語のように変わりました。よりプログラマーの世界に近づいたと言いますか、オブジェクト指向よりのスタイルになったわけです。オブジェクト指向プログラミングの開発の特徴は、誰が見ても分かりやすい合理的な継承・上書きによるクラスベースのスクリプティング、他の人が制作し公開しているライブラリやクラスの再利用のしやすさにありますが、同時にオブジェクト指向よりではなかったデザイナー向けといいますか、より直感的なスクリプティングが可能な開発言語だったActionScript1.0/2.0のおおらかなスクリプティングの特徴、ある意味なんでもありの自由きままな記述スタイルがにべもなく否定されてしまったわけです。。。古いFlash Playerに対する後方互換性の観点から、ActionScript1.0/2.0はなくなりはしないと思いますが、今後のFlashの進化とその方向性は、今後ActionScript3.0を基盤にしていくことは、歴然としています。
そのあたりの事情をふまえて、ActionScript3での開発を目指すFlashクリエイターに有用なサンプル制作を解説していく連載内容にしていきたいと思います。私自身も日々研究・格闘中です。読者のみなさんとともにじっくりと腰を据えて、Flashテクノロジーの勉強を続けていきたいと思いますので、ご期待ください。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.01
マウスイベントと連動した"さざ波"の作成"

投稿者 kaoru : 2008年7月30日

2008年6月30日

Flash Creative Technique - vol.75
Papervision 3Dを使ってみよう(2)

Papervision3D 2.0とFlash 3Dアニメーションの書籍「Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション」を技術評論社から出版しました。よろしければ、こちらもどうぞ。

w80cover.jpg web creators 2008年08月号 の「Flash Creative Technique」は「Papervision 3Dを使ってみよう(2)」になります。

fct75.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。
画面を左右にドラッグして、画像を回転させます。上下左右矢印キーで、3D座標上のカメラを移動させることができます。

第75回となる「Flash Creative Technique」も、本連載が最終回となりました。わたくしハヤシカオルは、第45回から31ヵ月にわたって執筆しました。次号からは装いも新たに、Flashの新連載「ActionScript3 Technical Bible」がスタートします。そちらも引き続きハヤシカオルが担当することとなりましたので、今後とも「web creators」ならびに新連載をよろしくお願いいたします。

今号では前回に引き続き、「Papervision 3D」を使ったFlash 3Dコンテンツ制作にチャレンジしていきます。今回も同様に最新のβ版である「Papervision 1.7」を使用したサンプル「The 3D Photo Gallery」を作成します。実際にできあがったものを見ていただくのが手っ取り早いのですが、3次元空間内をドラッグして回転させたり、矢印キーでカメラを移動させることが可能なフォトギャラリーとなっています。XMLを使って読み込んだ外部JPEGファイルをPV3DのPlaneオブジェクトのマテリアルにマッピングし、PlaneオブジェクトをRollOver/RollOutした際にインタラクティブに反応させる機能を実装し、より実践的なサンプルを設計しました。またコンテンツのオープニングでは、3DシーンのCameraオブジェクトを移動させて3Dアニメーションにしています。

投稿者 kaoru : 2008年6月30日

2008年6月20日

社会人常識検定FLASHゲーム

沖縄県で開催された合同企業説明会のウェブサイトで遊ぶことができる社会人常識検定FLASHゲームをご紹介します。実際にやってみると、社会人の常識が意外と難しい!ヤバいです。

web creators 2007年10月号 この三択クイズゲームFlash、元ネタは、わたくしハヤシカオルがこちらの「web creators 2007年10月号」の巻末特集「Flashゲーム制作講座」において執筆させていただいた記事、「Stage 7 XMLから問題・正解・解説文を読み込む三択クイズゲーム」を参考に、株式会社ラジカル沖縄様が作成したものということです。筆者の意図したとおりにXMLで管理されており、非常によくできています。新社会人となるみなさまの役に立ったことでしょう、きっと。
自分の記事がこのようなかたちで実際に形を変えて活用されるのをみると、嬉しいです。今後の執筆内容を検討する上で、非常に参考になります。Flashは、なかなか他の人にはマネができない個性的でアートな作品を生み出していく一方で、誰でも簡単に利用できるRIAという方向性でも、進化していくのかなと思います。

投稿者 kaoru : 2008年6月20日

2008年6月17日

Flash Creative Technique - vol.74
Papervision 3Dを使ってみよう(1)

Papervision3D 2.0とFlash 3Dアニメーションの書籍「Papervision3Dではじめる Flash 3Dアニメーション」を技術評論社から出版しました。よろしければ、こちらもどうぞ。

w79cover.jpg web creators 2008年07月号 の「Flash Creative Technique」は「Papervision 3Dを使ってみよう(1)」になります。

fct74.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

わたくしハヤシカオルが本連載を担当するようになって、記念すべき30回目となる今号では、 「Papervision 3D」を使ったFlash 3Dコンテンツ制作にチャレンジします。「web creators」の読者の中には、既にPapervision 3Dについて聞いたことがあったり、実際に3Dモーションにチャレンジしている方も少なからずいると思います。そこで今回はAS3.0 + Papervision 3Dを使ったコンテンツ制作がテーマです。
まずはpapervision 3Dをダウンロードすることから始まります。ダウンロードとインストールの詳細は紙面の解説のほうに譲りますが、Subvisionというバージョン管理システムを用います。今回は最新のβ版である「Papervision 1.7」を使用することにしました。実は2007年12月にPapervision 3D 2.0 (コードネーム:Great White) がα版として発表されています。こちらのほうが現在では活発な議論が進み、日夜開発チームから手が加えられたりしているようですが、実際のコンテンツ制作はやや枯れた技術の方が仕様変更もなく作りやすいので、1.7を選択しました。しかしながらPapervision 3D 2.0は非常に魅力的な機能を備えているようですので、今後こちらのほうも目が離せません。引き続き注目していきたいテクノロジーです。

準備が整ったら、まず3Dシーンにオブジェクトを表示します。3Dシーンというのは、Papervision独自の概念で、Flash内に3次元空間を作り出します。それを3Dシーンと呼びます。紙面のサンプルでは1つの平面(Planeと呼びます)オブジェクトを3Dシーンに表示するだけのシンプルなサンプルから解説しています。
次にPapervision3Dにおける3次元座標がどうなっているのかについて調べています。3次元座標上のX軸、Y軸、Z軸にラインを引き、表示してみます。するとPapervision3Dでは画面の奥に向かう方向がZ軸の正の方向になっていることが分かります。どの方角が座標の正の方向を指し示しているのかを理解しておくことは非常に重要です。

最終的にはできあがりのサンプルでご覧いただけるように複数のPlaneオブジェクトをランダムな位置に配置し、マウスと連動させてCamera3Dの位置を変化させています。これからPapervision3Dに触れてみたいと考えている方にぜひおすすめしたい内容です。今回のサンプルをふまえて、次号ではさらにインタラクティブなサンプルに仕上げていきます。乞うご期待!

投稿者 kaoru : 2008年6月17日

2008年5月 1日

Flash Creative Technique - vol.73
AS3.0のXML処理 - RSS Readerをつくる

w78cover.jpg web creators 2008年06月号 の「Flash Creative Technique」は「AS3.0のXML処理 - RSS Readerをつくる」になります。

fct73.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

早いもので、もう6月号なんですね。今年の前半をしめくくる号となりました。
さて、Flash + XML。これら2つの技術の融合は、RIAを構築する上で、ますます重要度が高まってきています。そこで今回は、AS3.0におけるXMLの読み込みと解析の基本を取り上げます。
具体的には外部RSSフィードをロードして、その内容をDataGridコンポーネントに表示するシンプルなRSS Readerアプリケーションを作成します。この連載でとりあげるAS3.0コンテンツも次第にアプリケーションっぽくなり、内容も高度になってきましたね。これからAS3.0を始めようという志を持った方は、バックナンバーを参照するなどしてがんばって付いてきてくださいね。
従来のAS1.0/2.0と比べると、AS3.0におけるXML処理の記述は、シンプルになりました。AS3.0は「ECMAScript for XML (E4X)」に準拠しているため、XMLデータを扱うためのビルトインクラスが大幅にパワーアップされたわけです。これにより、RSSフィードのように複雑な構造を持つXMLデータを扱う場合でも、一貫性のあるコーディングが可能になりました。そのあたりについて解説します。

投稿者 kaoru : 2008年5月 1日

2008年4月 1日

Flash Creative Technique - vol.72
マウスカーソルからの距離と連動したオブジェクト

w77cover.jpg web creators 2008年05月号 の「Flash Creative Technique」は「マウスカーソルからの距離と連動したオブジェクト」になります。

fct72.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

2008年01月号から3回にわたり「ActionScript 3.0 事始め」と題し、AS3.0の基本的な内容について解説してきました。今回からは、やや高度な内容のFlashを作っていきたいと思います。
これまでに解説したデータ型の指定やカスタムクラス、表示リスト、ドキュメントクラスなどの特長や概念については、簡単な指摘にとどめたいので、詳しい解説は過去のFCTの記事なりご自分でネット上の情報もしくはFlashヘルプなどにあたって学習していただきたいと思います。まあ、これも言い訳がましくて申し訳ないんですが、基礎的な概念ばかりを解説しても、あんまりおもしろいFlashを作れないもんですから、ご了承くださいと、まあ、こういうわけなんです。
さて、こちらの事情はさておき、今回は、カーソルの動きと連動してオブジェクトのスケールなどのプロパティを変化させるちょっとインタラクティブなアニメーションの作成について解説します。またオブジェクトを複数個生成した場合に、配列を使ってオブジェクトの参照を保持し、制御するテクニックについても見ていきます。

投稿者 kaoru : 2008年4月 1日

2008年3月 1日

Flash Creative Technique - vol.71
ActionScript 3.0 事始め(3)

w76cover.jpg web creators 2008年04月号 の「Flash Creative Technique」は「ActionScript 3.0 事始め(3)」になります。

fct71.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、AS3.0によるFlash制作をテーマにしていきます。今回は「表示リスト」と「ドキュメントクラス」について見ていきます。表示リストとはAS3.0から導入された仕組みで、ステージを頂点とするツリー構造をしており、オブジェクトをステージ上に登場させるには、必ず表示リストにオブジェクトを追加しなければならないというルールになっています。
ドキュメントクラスというのは、メインタイムラインを使用せずにカスタムクラスのインスタンスを自動的に追加する仕組みで、MovieClipクラスもしくはSpriteクラスを継承する必要があります。このあたりの事情について解説します。

投稿者 kaoru : 2008年3月 1日

2008年2月 1日

Flash Creative Technique - vol.70
ActionScript 3.0 事始め(2)

w75cover.jpg web creators 2008年03月号 の「Flash Creative Technique」は「ActionScript 3.0 事始め(2)」になります。

fct70.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、AS3.0によるFlash制作をテーマにしていきます。今回は「AS3.0のカスタムクラス定義」について見ていきます。AS3.0ではカスタムクラスを定義するのに、スクリプトウィンドウを使って外部ASファイルを作成するスタイルをとります。AS3.0ではOOP(Object Oriented Programming - オブジェクト指向プログラミングのこと)に基づいたスクリプティングが要求されます。これはつまり「カスタムクラスを独自に作っていく」ということに他ならないわけですが、この手順についてまずは「シンプルに円を描画する」クラスを作成しながら、解説します。

投稿者 kaoru : 2008年2月 1日

2008年1月29日

MYCOM MOOK Professional Bible「1ランク上の技を身につけるFlashの強化書」

theFlash300-thumb-130x175.jpg 1ランク上の技を身につけるFlashの強化書 が発売されました。本書はFlashテクニックに磨きをかけたいFlashクリエイターのために、現場に即した内容に重点をおいたFlash解説ムック本です。

photogallery_mycomBook.pngのサムネール画像 わたくしハヤシカオルは「第4章 Flashの達人から学ぶプロの技」の「XMLで管理するFlashフォトギャラリー」を寄稿させていただきました。第一線で活躍されているFlashクリエイターの方たちが執筆しており、私にとってもいい刺激に満ちた内容になっていますので、プロの方にも参考になるのではないでしょうか。ご興味のある方はぜひ書店でご覧になってください。

書籍データ

書名
1ランク上の技を身につけるFlashの強化書 (ムック)
著者
+DESIGNING編集部
出版社
株式会社毎日コミュニケーションズ
出版年月
2008年1月29日
ページ数
160ページ
ISBN
ISBN978-4839926984
価格
1,890円(税込)

投稿者 kaoru : 2008年1月29日

2008年1月 1日

Flash Creative Technique - vol.69
ActionScript 3.0 事始め(1)

w74cover.jpg web creators 2008年02月号 の「Flash Creative Technique」は「ActionScript 3.0 事始め(1)」になります。

janken.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

これまでAS1.0/2.0を使ったサンプルを通してFlash制作のテクニックを紹介してきた本連載ですが、今回からAS3.0によるFlash制作をテーマにしていきます。実際に使ってみると異なるスクリプト言語と言ってもよいほどAS1.0/2.0とAS3.0はかなり違っておりまして、高度なオブジェクト指向が必要です。しかしながらクリエイターの今後の活躍の場を切り開いていく強力な武器となる可能性も大いに秘めていますので、まずは基本を重視し、少々退屈かもしれませんが、簡単なサンプルから順を追ってAS3.0について解説していきたいと思います。
ちょっと言い訳がましかったかな。AS3.0については、私もまだまだ勉強中なんですがね。そういうわけで、ともに勉強していきましょう。

投稿者 kaoru : 2008年1月 1日

2007年12月 1日

Flash Creative Technique - vol.68
SharedObject + XMLで、ローカル環境にデータを保存する

w73cover.jpg web creators 2008年01月号 の「Flash Creative Technique」は「SharedObject + XMLで、ローカル環境にデータを保存する」になります。

puzzle3.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回(FCT vol.67)前々回(FCT vol.66)で作成したFlashによるパズルゲーム「東京23区パズル」にSharedObjectを使い、ゲーム結果の履歴をローカル環境に保存して再利用する機能を追加します。「東京23区パズル」とは、東京23区をパズルのピースに見立てて、海岸線だけが記されている白地図の上に正確に並べられるかどうかを競うパズルゲームです。今号はゲームの結果を保存する機能の作成やXML形式のデータを解析してDataGridコンポーネントに表示する部分に焦点をあてて、解説しています。

投稿者 kaoru : 2007年12月 1日

2007年11月 1日

Flash Creative Technique - vol.67
パズルゲームを作る(2)

w72cover.jpg web creators 2007年12月号 の「Flash Creative Technique」は「パズルゲームを作る」(2)になります。

puzzle2.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、Flashによるパズルゲーム「東京23区パズル」を作成します。「東京23区パズル」とは、東京23区をパズルのピースに見立てて、海岸線だけが記されている白地図の上に正確に並べられるかどうかを競うパズルゲームです。今号はパズルゲームの初期化とアイテムをPress, Releaseしたときの処理などに焦点をあてて、解説しています。

投稿者 kaoru : 2007年11月 1日

2007年10月 1日

Flash Creative Technique - vol.66
パズルゲームを作る(1)

web creators 2007年11月号web creators 2007年11月号の「Flash Creative Technique」は「パズルゲームを作る」(1)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回から新しいテーマ、Flashによるパズルゲーム「東京23区パズル」を作成します。「東京23区パズル」とは、東京23区をパズルのピースに見立てて、海岸線だけが記されている白地図の上に正確に並べられるかどうかを競うパズルゲームです。今号はプロトタイプと23区のMovieClipに焦点をあてて、解説しています。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.66
パズルゲームを作る(1)"

投稿者 kaoru : 2007年10月 1日

2007年9月 3日

web creators 2007年10月号 特集「Flashゲーム制作講座」執筆

web creators 2007年10月号web creators 2007年10月号の特集「Flashの知識とテクニックはゲームで学ぼう! Flashゲーム制作講座」の応用編・「XMLから問題・正解・解説文を読み込む三択クイズゲーム」(p166?p169の4ページ)をDEEP KICK.com ハヤシカオルが執筆・提供しました。

web creators 2007年10月号の特集「Flashの知識とテクニックはゲームで学ぼう! Flashゲーム制作講座」執筆

サンプルコンテンツできあがりのコンテンツはこちらをクリック。

「巨泉のクイズダービー(古い?)」であったような三択クイズです。問題文や正解はすべてXML側で管理しています。ランダムに10問を選び出しています。クイズゲーム以外にもいろいろと応用が効くと思います。サンプルファイルは太っ腹なことにMdNのサイトからダウンロードできますので、ご興味のある方は研究してみてはいかがでしょう?

投稿者 kaoru : 2007年9月 3日

Flash Creative Technique - vol.65
XMLConnector + DataGridを使ったアプリケーション(2)

web creators 2007年10月号web creators 2007年10月号の「Flash Creative Technique」は「XMLConnector + DataGridを使ったアプリケーション」(2)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、XMLConnector + DataGridを使用したアプリケーション「DEEP DataGrid Gallery version 0.1」の作成について解説しています。前回はスキーマとバインディングといったFlashのコネクタコンポーネントを扱う上で必須の概念について見ていきました。それらをふまえて今号では、外部XMLで管理することができるフォトギャラリーアプリケーション「DEEP DataGrid Gallery version 0.1」を完成します。

投稿者 kaoru : 2007年9月 3日

Flash Creative Technique - vol.64
XMLConnector + DataGridを使ったアプリケーション(1)

web creators 2007年9月号web creators 2007年9月号の「Flash Creative Technique」は「XMLConnector + DataGridを使ったアプリケーション」(1)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回から2回に分けて、XMLConnector + DataGridを使用したアプリケーション「DEEP DataGrid Gallery version 0.1」の作成について解説しています。FlashにはUIコンポーネントだけでなく、データベースやXMLドキュメントといった外部データソースからデータを取り入れるためのコネクタコンポーネントや、読み込んだデータを管理するためのDataSetコンポーネントなど、目には見えませんがアプリケーションの裏方的な仕事をするものがあります。サンプルの作成を通して、それらの基本的な使い方を紹介しています。

投稿者 kaoru : 2007年9月 3日

2007年8月27日

Flash Creative Technique - vol.63
Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション(後編)

web creators 2007年8月号web creators 2007年8月号の「Flash Creative Technique」は「Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション「DEEP Photo Maps version 0.1」の作成について解説しています。XMLドキュメントを使って外部画像のパス、緯度・経度、キャプションなどのコンテンツを管理し、Yahoo Maps上にインタラクティブに表示するFlash地図アプリケーションを完成します。

投稿者 kaoru : 2007年8月27日

Flash Creative Technique - vol.62
Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション(前編)

web creators 2007年7月号 web creators 2007年7月号の「Flash Creative Technique」は「Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回から2回に分けて、Yahoo! Maps AS-Flash APIを使った地図アプリケーション「DEEP Photo Maps version 0.1」の作成について解説しています。Yahoo! US版から提供されている地図アプリケーション作成Webサービスとどのように連携するのかがテーマです。Yahoo! Maps AS-Flash APIを使うための準備とYahoo MapsをFlash内に表示するための基本的な方法について解説しています。

投稿者 kaoru : 2007年8月27日

Flash Creative Technique - vol.61
回転ドア式のフォトギャラリー(後編)

web creators 2007年6月号web creators 2007年6月号の「Flash Creative Technique」は「回転ドア式のフォトギャラリー」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回から引き続き、回転ドア式の立体的フォトギャラリー「The revolving photo gallery version 0.1」の作成です。本連載でこれまでに何度か解説してきた仮想的な3次元空間を移動するモーショングラフィック的要素とXMLドキュメントでのコンテンツ管理をミックスさせたウェブアプリケーションになります。

投稿者 kaoru : 2007年8月27日

2007年4月 6日

「ハヤシカオルのFlash進化論」告知

さて、エイクエントが登録タレントさん向けに行っているイベント「Aquent's View Vol.4」に、なぜかハヤシカオルが講師として呼ばれまして、「ハヤシカオルのFlash進化論」と題して、Flashのお話をすることになりました。ただし、エイクエントの登録タレントさん向けのイベントですので、誰でも参加できるわけではありません。エイクエントの登録タレントであれば、無料で参加できるようです。

  • 日時:2007年4月26日(木)午後7:00受付け開始  レクチャー 7:30?9:00
  • 会場:エイクエント東京オフィス レクチャールーム
  • 参加資格:エイクエントのタレント、またはタレント同伴の一般の方
  • 参加費:無料!

ということらしいですわ。お申し込み、その他詳細はこちらのエイクエントのサイトからできるようです。エイクエントに興味のある方は、この機会にタレントとして登録してみるのもいいでしょう。

で、Flashの何について話すかというと、実は今、思案中です。あんまり技術よりの話をしてもおもしろくないだろうから、大雑把ですが、ハヤシカオルがFlashというツールとどういうふうに付き合い、Flashと共同してどういうプロダクトを制作してきたのか、そして今後さらに進化していくであろうFlashとどういうふうに付き合っていくのか、そのあたりについて初心に戻り、イチFlashクリエイターとして、現在の思いを素直に分析してみようかなと。そんなふうに今は考えています。途中で話が変わるかもしれませんが。

投稿者 kaoru : 2007年4月 6日

Flash Creative Technique - vol.60
回転ドア式のフォトギャラリー(前編)

web creators 2007年5月号web creators 2007年5月号の「Flash Creative Technique」は「回転ドア式のフォトギャラリー」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回の「Flash Creative Technique」から前編と後編の2回に分けて、回転ドア式の立体的フォトギャラリー「The revolving photo gallery version 0.1」の作成を解説します。本連載でこれまでに何度か解説してきた仮想的な3次元空間を移動するモーショングラフィック的要素とXMLドキュメントでのコンテンツ管理をミックスさせたウェブアプリケーションになります。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.60
回転ドア式のフォトギャラリー(前編)"

投稿者 kaoru : 2007年4月 6日

2007年3月31日

Flash Creative Technique - vol.59
3次元のスパイラルを表現する(後編)

web creators 2007年4月号web creators 2007年4月号の「Flash Creative Technique」は「3次元のスパイラルを表現する」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回は仮想的な空間にあるオブジェクトをスクリーンに透視変換する原理について、考察しました。今回は運動するオブジェクトが作る「軌跡」に焦点をあてて、考察を加えたいと思います。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.59
3次元のスパイラルを表現する(後編)"

投稿者 kaoru : 2007年3月31日

2007年3月 9日

Flash Creative Technique - vol.58
3次元のスパイラルを表現する(前編)

web creators 2007年3月号web creators 2007年3月号の「Flash Creative Technique」は「3次元のスパイラルを表現する」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回から前編と後編の2回に分けて、3次元座標上を動くスパイラル運動について考察します。3次元的なモーショングラフィックの作成に役立つかも。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.58
3次元のスパイラルを表現する(前編)"

投稿者 kaoru : 2007年3月 9日

2006年12月29日

Flash Creative Technique - vol.57
マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash(後編)

web creators 2007年2月号web creators 2007年2月号の「Flash Creative Technique」は「マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash」(後編)になります。

今回完成したサンプルは上のようになります。誌面で解説しているサンプルファイルはMdNのFlashクリエイティブ・テクニックからダウンロードすることができます。

外部APIとFlashを組み合わせたマッシュアップをテーマに作った「DEEP Weather Flash ver 0.1 」です。詳しい解説は誌面の方をご覧ください。ブログでは補足的に解説を加えたいと思います。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.57
マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash(後編)"

投稿者 kaoru : 2006年12月29日

2006年12月 5日

東京周辺の駅近マンション検索 Mansion Finder 2

東京周辺の駅近マンション検索 Mansion Finder 2 東京近郊の路線から駅を絞り込んで、マンションや戸建て不動産が検索できるマッシュアップ「東京周辺の駅近マンション検索 Mansion Finder 2」をアップしました。例えば JR → 山手線 → 池袋 のように路線から希望する駅を絞り込んで選択し、物件の種類を選択して、その他の希望条件を入力して、マッチする物件を探すことができます。

路線別ではなく、都道府県・市区町村別にお気に入りの物件を検索できる「新築マンション検索 Mansion Finder」も作ってみました。こちらは例えば 東京都 → 豊島区 のようにエリアから物件を検索することができます。

いずれのサービスも「Smatch!物件検索サービス」をマッシュアップし、Ajax + RESTでデータをやりとりしています。

投稿者 kaoru : 2006年12月 5日

indexes.jp グルメマップ

indexes.jp グルメマップ「indexes.jp グルメマップ」を起ち上げました。このサイトでは、駅やエリアに焦点をあて、ユーザーが知りたがっている情報をインデックス化してさまざまなツールを組み合わせてご紹介していければと思います。まずは東京都内の山手線沿線の各駅に焦点をあて、Google Mapsを使って簡単な飲食店情報をXMLで読み込み、表示しています。

続きを読む » "indexes.jp グルメマップ"

投稿者 kaoru : 2006年12月 5日

北千住周辺のグルメ情報 - 北千住グルメマップ

北千住グルメマップ Google Maps を使った北千住駅周辺の飲食店・焼き肉・焼き鳥・居酒屋・Bar・ラーメン店などのグルメ情報をご紹介する地図「北千住グルメマップ」がパワーアップしました。掲載情報を大幅に増やしましたので、北千住周辺の飲食店をお探しの方に少しは役に立てるのかなと。

投稿者 kaoru : 2006年12月 5日

Flash Creative Technique - vol.56
マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash(前編)

web creators 2007年1月号web creators 2007年1月号の「Flash Creative Technique」は「マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash」(前編)になります。

まだ未完成ですが、サンプルは上のようになります。誌面で解説しているサンプルファイルはMdNのFlashクリエイティブ・テクニックからダウンロードすることができます。

外部APIとFlashを組み合わせたマッシュアップに挑戦したいと思います。そこで今回のテーマは、「マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash」ということにしました。前編と後編の2回に分けて誌面で解説します。今回は前編です。詳しい解説は誌面の方をご覧ください。ここでは補足的に解説を加えたいと思います。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.56
マッシュアップでつくるWidget風お天気Flash(前編)"

投稿者 kaoru : 2006年12月 5日

Flash Creative Technique - vol.55
横スクロールの2Dアクションゲーム(後編)

web creators 2006年12月号web creators 2006年12月号の「Flash Creative Technique」は「横スクロールの2Dアクションゲーム」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

後編ではゲームで使用するサウンドの定義、hitTest( ) を使った衝突時の当たり判定について解説しています。詳細は誌面をご覧いただくとして、ここでは補足的に気になった点をいくつか。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.55
横スクロールの2Dアクションゲーム(後編)"

投稿者 kaoru : 2006年12月 5日

2006年10月20日

Flash Creative Technique - vol.54
横スクロールの2Dアクションゲーム(前編)

web creators 2006年11月号web creators 2006年11月号の「Flash Creative Technique」は「横スクロールの2Dアクションゲーム」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

さて今回からは新しいテーマとしてFlashゲームの作成をとりあげてみました。どうしてFlashゲームなのかというと、ハヤシカオルがわりと得意にするという事情もありますが、いかんせんFlash + XML = Flax の話がかなり長く続いたんですね。Flaxネタは旬でもあり、まだまだやりたいことはたくさんあるわけですが、ちょっとこのあたりで一息ついてFlaxのことは忘れて、Flashゲームでもやってみようかなと。そういったわけでして。ただゲームはゲームでなかなか作るのは大変です。ラクじゃない。しかしFlashでなければ実現しにくいジャンルであることも確かなわけで、Flashでゲーム制作にチャレンジしてみたいな、というクリエイターはそこそこいたりするのではないかと想像します。そのようなわけで、連載を読んでいることを前提にちょいちょいとかいつまんでおまけ程度に解説を加えたいと思います。詳細は雑誌の方を買って手元に置きながら、じっくりと読んでくださいね。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.54
横スクロールの2Dアクションゲーム(前編)"

投稿者 kaoru : 2006年10月20日 | コメント (2)

Flash Creative Technique - vol.53
プリントカラーシミュレーターの作成(後編)

web creators 2006年10月号web creators 2006年10月号の「Flash Creative Technique」は「プリントカラーシミュレーターの作成」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

雑誌の連載の方は相変わらず進んでいるのに、こちらのBlogの更新の方は、すっかりご無沙汰しておりました。最近Blogにハマりつつあると言っておきながら、このザマ。反省しております。確か今回は「プリントカラーシミュレーター」の途中から完成まででしたね。では気がつくところを解説してみます。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.53
プリントカラーシミュレーターの作成(後編)"

投稿者 kaoru : 2006年10月20日

2006年8月16日

Flash Creative Technique - vol.52
プリントカラーシミュレーターの作成(前編)

web creators 2006年9月号web creators 2006年9月号の「Flash Creative Technique」は「プリントカラーシミュレーターの作成」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

さて今回からは新しいテーマとして、Colorオブジェクトを使用するFlashアプリケーションについて前編・後編の2回に分けて解説しておりますが、詳細は雑誌の方を読んでいただくとして少しばかり裏話的なところを話してみたいと思います。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.52
プリントカラーシミュレーターの作成(前編)"

投稿者 kaoru : 2006年8月16日

2006年7月23日

Flash version リニューアル

Flash versionFlash version をリニューアルしました。今回はプレゼンテーションツール風に制作。ヘルプから手動モードと自動モードを切り替えることができる仕様で、手動モードは自分でクリックして次のスライドへ進みます。自動モードは静止秒数を指定し、自動的に次のスライドに進みます。Flashに興味のある方は、ぜひご覧ください。
Flash version

テクノラティ タグ検索:

投稿者 kaoru : 2006年7月23日

2006年7月13日

Flash Creative Technique - vol.51
FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成(後編)

web creators 2006年8月号web creators 2006年8月号の「Flash Creative Technique」は前回の続きで「FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成」(後編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回解説した前編では、Flash Professional 8から導入されたFLVPlayback Custom UI を使い、FLVPlaybackコンポーネントをカスタマイズしました。後編ではFlashとXMLを連携させて、FLVファイルとカテゴリーを管理し、UIコンポーネントのスクロールペインにFLVの一覧を表示するメニューを作成し、さらに完成度の高いFLV再生アプリケーション作成の手順について本誌では解説しています。ブログでは今回のテーマとその背景について少し語ってみたいと思います。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.51
FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成(後編)"

投稿者 kaoru : 2006年7月13日

2006年6月19日

7月6日、益子貴寛氏のイベント「XHTML+CSS (r)evolution」開催のお知らせ

css_revolution_logo.gifハヤシカオルの知人(なぜかWeb Creators誌に連載している記事のお隣さんでもある。。。)で、Web標準の名著『Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト』の著者として有名なマッシーこと、益子貴寛さんのイベント「XHTML+CSS (r)evolution」が、2006年7月6日(木)19:00-20:00、アップルストア銀座(3F Theater)で開催されます。 「XHTML+CSSにevolution(進化)とrevolution(変革)を」というコンセプトで、Web標準の第一人者であるマッシーさんからHOTな話が聞けそうです。Web標準に興味のあるWebクリエイターの方におすすめです。

入場無料/事前登録不要、最大収容人数 180名(入場制限あり)とのことなので、参加希望の方は早めにアップルストア銀座に行くと多分座れます。ハヤシカオルもささやかではありますが、毎日コミュニケーションズより出版した著書「Flash 逆引きクイックリファレンス 8&MX 2004対応 for Windows&Macintosh」をプレゼントとして提供させていただきつつ、参加いたします。楽しみです。

イベントの詳細は下記へ↓

公式ブログ:
http://www.cybergarden.net/revolution/

mixiコミュニティ:
http://mixi.jp/view_community.pl?id=958084

投稿者 kaoru : 2006年6月19日

2006年5月29日

Flash Creative Technique - vol.50
FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成(前編)

web creators 2006年7月号web creators 2006年7月号の「Flash Creative Technique」のテーマに「FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成」を取り上げてみた。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

今回のテーマは前編と後編の2回に分けて解説する。今回は前編で、スキンをカスタマイズしてオリジナルのパーツを使用したFLVPlaybackコンポーネントを作成して、外部FLVを再生するところまでとなる。この前編に関しては、紙面の解説でほぼOKだと思う。技術的に特に補足することはないが、Flashでビデオを配信するには「ストリーミング型」「プログレッシブ型」「埋め込み型」の3タイプがあるが、それについて少し語ってみたい。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.50
FLVPlaybackコンポーネントを利用したビデオ再生アプリケーションの作成(前編)"

投稿者 kaoru : 2006年5月29日

2006年5月12日

フリーランスのパートナー募集します

DEEP KICK.com ではパートナーとなっていただける下記の職種を募集しています。いずれもフリーランスで仕事をされている方で、プロフェッショナルの方(その道3年以上の業務経験がある方のみ)、DEEP KICK.com のオフィス(JR/東京メトロ/つくばエクスプレス/北千住駅から徒歩10分ほど)での打ち合わせが可能な方が対象となります。通常の制作業務はそれぞれの仕事のしやすい環境でOKです。

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー/(X)HTML + CSSマークアップデザイナー
  • CGクリエイター/映像系クリエイター
  • イラストレーター
  • Flashクリエイター
  • サウンドクリエイター/サウンドエンジニア
  • 翻訳者(日→英あるいは英→日)

ご興味がある方は、こちらをご覧ください。

投稿者 kaoru : 2006年5月12日

2006年5月 7日

Flash Creative Technique - vol.49
XMLと連携したフォトギャラリー

2006年6月号web creators 2006年6月号の「Flash Creative Technique」のテーマに「XMLと連携したフォトギャラリー」を取り上げてみた。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

Mac OS Xに付属している「iPhoto」のようにアルバムごとにサムネイルが表示され、サムネイルを選択するとメインの画像が表示されるようなフォトギャラリーをFlashで制作してみた。アルバムと写真はFlash内部ではなく、外部のXMLドキュメントで管理されており、swfファイルはXMLドキュメントを読み込んで、アルバムの情報や画像のパスを取得して解析し、表示する仕組みとなっている。Flash単体ではなく、このように設計するメリットは、インターフェイスとコンテンツ管理を分離することにより、Flashを通さなくてもコンテンツの更新を可能にする点にある。XML以前によく使われていたのが、「変数A=値&変数B=値&変数C=値....」のように記述した外部テキストファイルから変数を読み込む手法だ。しかしこの方法で今回のサンプルのようなフォトギャラリーを制作しようとすると、できなくはないかもしれないが、かなり無理があることがわかる。XMLドキュメントを設計し、それを解析したほうがスマートなものが制作できるだろう。そのあたりについて今回の連載では解説しているので興味のある方は、そちらを読んでほしいわけだが、Flashに関する連載ということでXML自体に関する説明を紙面で十分にすることが難しかったので、ここでは今回設計したXMLドキュメントについて若干補足してみたい。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.49
XMLと連携したフォトギャラリー"

投稿者 kaoru : 2006年5月 7日

2006年4月 4日

Flash Creative Technique - vol.48
透視変換を使った3D空間の回転運動

web creators 2006年5月号さてハヤシカオルが担当するようになって4回目となるFlashクリエイティブ・テクニックは、「透視変換を使った3D空間の回転運動」をとりあげてみた。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

サンプルを見るとDEEP KICK.com のロゴの周りをグルグルと円状オブジェクトが奥行き感を持って回っている。画面をドラッグするとドラッグする方向と距離に呼応するかのように回転運動に変化を付けることができる。今回はこの「奥行き感の表現」つまり「3次元の運動をFlashでどう扱うのか」について解説している。そのために必要な考え方が「透視変換」と呼ばれるものだ。透視変換の考え方についての詳細は誌面で解説しているので、ここではこの法則を使えば、どういったコンテンツが作れるのかについて、少しだけ語ってみたい。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.48
透視変換を使った3D空間の回転運動"

投稿者 kaoru : 2006年4月 4日

2006年3月 7日

Flash Creative Technique - vol.47
サウンドがフェードアウトしながら切り替わるインターフェイス

web creators 2006年4月号さてハヤシカオルが担当するようになって3回目となるFlashクリエイティブ・テクニックは、「サウンドがフェードアウトしながら切り替わるインターフェイス」をとりあげてみた。
できあがりのサンプルはこちらをクリック。
ボタンをクリック、もしくはキーボードの左右の矢印キーでコンテンツを切り替えることができるが、それにあわせてBGMがフェードアウトしながら次のサウンドとオーバーラップしながら切り替わっていくというもの。
サウンドオブジェクトの基本的な使い方を知っていれば、特に難しいことをしているわけではない。それぞれのBGMごとにサウンドオブジェクトを生成し、getVolume()メソッドを使ってボリュームを取得、ボリュームが0になるまでsetVolume()メソッドでボリュームを下げるループ処理をしている。それらの処理をカスタム関数sound_play(n)としてまとめ、コンテンツを切り替わるイベントを取得したときに実行している。
ムービークリップを指定するのに、eval()関数を使用しているので、その使い方を理解しておきたい。
例えば、

n = 1;
vvv = eval("_root.s_bgm" + n);
vvv.gotoAndPlay(2);

さてこのときの変数vvvの値は、お察しの通り
_root.s_bgm1
なので、
結果的にインスタンス_root.s_bgm1の2フレーム目にgotoAndPlay() することになる。
n = 2; のときは、インスタンス_root.s_bgm2
n = 3; のときは、インスタンス_root.s_bgm3
とまあ、こんな具合にそのときにならないとどれか分からない場合によく使われるのがeval()関数。簡単やね。

あとは、キーイベントの取得かな。フラグを立てて、キーイベントが連続して起きないようにしていることぐらいかな。

投稿者 kaoru : 2006年3月 7日

2006年2月 2日

Blog + The long tail Market seminar

池袋サンシャインにてPAGE 2006 クロスメディアカンファレンスの特別セミナー「ブログとクロスメディアとロングテールとビジネスの幸せな関係」を傍聴する。
シックス・アパート株式会社の関氏、Googleの高広氏、株式会社ロフトワークの諏訪氏のお話しを拝聴。 興味深かった話を列挙すると、

  • パレートの法則がAdvertising 1.0的な考え方とするのであれば、ロングテールはAdvertising 2.0的と言える
  • ブログエコノミーがEコマースを進化させる。CGM (Consumer Generated Media)の台頭
  • 「目的地」であり同時に「媒体」としての企業ブログの可能性
  • 次世代のWebコミュニケーション 簡単・見つかる・双方向
  • 広告が変化する。「知っている」=「買う」ではない。Advertising 1.0はAttention(ユーザーの注意)のひきつけを重視。これがIntension(ユーザーの意図・興味)重視に変化する。
  • Advertising 1.0時代の広告はコンテンツとコンテンツの間に挟まってお邪魔していた。Lean Back。テレビCMはトイレタイム。ユーザーがLeah forwardに変化するのは、「広告」=「情報」として認識されたからに他ならない。ユーザーのIntensionに対応することを考える。
  • Marketing for Consumer Intensions

なるほど。なるほど。Blogと広告を組み合わせた新たな広告媒体のイメージが見えてきた気がする。ユーザーは自ら能動的に知りたい情報を求めて検索する。そこにブログが現れる。
Adwordsのようなキーワード連動型・コンテンツ連動型がユーザーの知りたがっている情報と一致するなら、それは広告でありながら「情報の価値」を持っていることになる。その媒体となるのが従来のマス広告であったテレビ・新聞・雑誌ではなく、ブログなのだ。
こういうことを考えるとエキサイトしてくる。多分それは今後の可能性を感じるからだろう。

投稿者 kaoru : 2006年2月 2日 | コメント (2)

2006年2月 1日

Flash Creative Technique - vol.46
PHPと連携したFlashアプリケーションの制作

web creators 2006年3月号MdN編集部から2006年3月号が送られてきた。今回は黄色い表紙だね。特集は『スタイルシートデザイン&集客手法』。これ、おもしろそうだな。最近Flash制作以外にも自分の企画でいろんなサイトをブログベースで立ち上げているんだけど、SEO対策をきちんと念頭においたスタイルシートでのデザインってほんとネットビジネスを左右するんだなとあらためて思ったね。デザインって目に見える部分だけじゃなくて、目的に対する結果までを導く概念だとしたら、それも含めてデザインしなきゃいけないんだよね。特にWebデザインってのはそうだ。
話が脱線したが、今回のFlash クリエイティブ・テクニックのサンプルは、『PHPと連携したFlashアプリケーションの制作』。連載2回目にして早Flashから浮気かよ、うひゃーって感じ。サンプルデータは[Web Creators]のサイトからダウンロードできるよ。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.46
PHPと連携したFlashアプリケーションの制作"

投稿者 kaoru : 2006年2月 1日

2006年1月 1日

東京 INDEX.html

東京を快適に過ごそう!東京 INDEX.html【東京を快適に過ごそう! 東京 INDEX.html】
「東京をより快適に過ごす」ことをコンセプトにさまざまなカテゴリー別におすすめのサイトを紹介しています。

  • 企画・運営
  • デザイン・HTMLコーディング
  • SEO対策(検索エンジン対策)
  • webマーケティング・アクセス解析
  • インターネット広告
  • PHP + MySQL
  • MTによるコンテンツ管理

などが特徴のサイトです。

投稿者 kaoru : 2006年1月 1日

2005年12月30日

Flash Creative Technique - vol.45
オリジナルのスクロール機能を制作する

web creators 2006年2月号さて[MdN]の月刊誌[Web Creators]誌の2006年2月号より、レギュラーコンテンツ[Flash Creative Technique]の連載を、ハヤシカオルがなぜか担当することになりました、はい。
で私が思うに、『Flashで何かを作ることとそれを説明することは、まったく違う能力が要求されるのである』。
目の前にひとり生徒がいてさ、『お前、どこがわからないんだ?』と1対1で進められるのならともかく、絵とテキストで説明ってほんと難しいよ。ハヤシカオルには教えるセンスないんだもんな。いちおう教育学部出てるんだけどさ、本職が講師や教師じゃなくて良かったよ、ほんと。
そんなわけでもしかすると読者の中には、ここがわからんとか、ここ聞いてみたいとか、あるかもしれないよね。
そういう方々からたまにメールをいただくこともあるんだけど、せっかくブログやってんだから、活用しなきゃな、そう今はやりの(?)『ブログマーケティング』ってやつ。そう自分なりに思った次第です。
読者のみなさんとコミュニケーションした内容は、今後の参考にさせていただきたく思いますので、お気軽にコメント・トラックバックくだされたし。よろしくお願いしますね。

続きを読む » "Flash Creative Technique - vol.45
オリジナルのスクロール機能を制作する"

投稿者 kaoru : 2005年12月30日

2005年12月 1日

WEB制作会社年鑑2006に掲載されました

WEB制作会社年鑑2006『Web Designing』がセレクトしたWeb制作会社の作品集【WEB制作会社年鑑2006】にDEEP KICK.comが掲載されました。全国の主要Web制作会社による1,000点以上の作品と約1,300社の企業情報を掲載しています。

投稿者 kaoru : 2005年12月 1日

2005年10月 4日

オフィス借りました

office.jpgさて、ようやく念願のオフィスといいますか、仕事部屋借りました。最寄りは変わらず北千住ですが。昨日からネットもつながり、机やら椅子やらも搬入し終え、打ち合わせ用のテーブルはまだですが、電話もつながりました。
これで、これまで駅前の喫茶店サンローゼで打ち合わせをしていたのが、近々DEEP KICK.com オフィスで打ち合わせができるようになるでしょう。クリエイターのオフィスなんで、シンプルながらもデザインと機能性に工夫を凝らしたコックピットにしていくつもりです。

投稿者 kaoru : 2005年10月 4日

2005年9月 2日

トークセッション at ヤングジョブスポット東京

9月1日午後、ヤングジョブスポット東京のトークセッションのゲストに呼ばれまして、2時間半ほど仕事を探している若い人たち20名ほどの前でしゃべってきました。お題は「インターネットで『しごと』する?webサイトの製作・運営を通して」。
どうして今の仕事をするようになったのか、そのいきさつを自分なりに話してみましたが、かなり偶然というか運命に翻弄されているような気がしてます。おそらく参考にはならなかったんじゃないかな。
ただ自分が本当に言いたかったことは、チャンスというのはそうそうにないってこと。もしかすると最初で最後かもしれない。あるいは一生ないかもしれない。だからチャンスは絶対に逃してはいけないってこと。
チャンスは突然来るし、来てもそれがチャンスだと簡単に分からないこともけっこうあるから、普段から準備しておかなければならない。ボーっとしていてはいけない。
自分はあまりにチャンスに恵まれていなかったが、しかしあちらからのこのこ来たチャンスはそれこそ獲物を逃さない野生動物のように、必ずモノにするようにしてきた。
それが今につながって、なんとかやってきたんじゃないかな。だからそういう姿勢は大事だと思うよ、みたいなことが言いたかったんだけど。伝わったかどうか、あんまり自信ない。
そういう風に私の話を聴いてくれている人がいたら、もしかすると微妙だけど何かのヒントはあったかもしれない。

投稿者 kaoru : 2005年9月 2日

2005年8月15日

NZへ取材旅行

DEEP KICK.com が運営しているニュージーランド情報サイト Haere Mae! AOTEAROAの取材と休暇も兼ねて、ニュージーランドへ1年半ぶりに旅に出た。
チケットはもちろんtabiniで、予約。

今回は、マレーシア航空を利用したクアラルンプール経由。成田からクアラルンプール国際空港まではおよそ6時間ほどのフライトになる。クアラルンプールで寄り道し、2泊ほどLe Meridien Kuala Lumpurに滞在、市内を観光した。
イスラム教徒が数多く暮らす国を訪れるのは初めてだったので、建物や人々の服装が日本ではあまりみられない独特の文化がそこにはあった。そして先進国入りを目指すマレーシアの近代化にも接することができた。クアラルンプールは、古い文化と新しい文化が交錯する都市だった。

そしてクアラルンプールからニュージーランドのオークランドへ向かう。約10時間のフライト。
今回の旅の一番の目的は、これまで訪れることの少なかった北島のNorthland地方を回ることと、NZ最北端のCape Reingaまで行ってみること。

保養地Bay of IslandsのPaihiaでシーズンオフのリゾート地に滞在し、1840年にマオリ族と英国の間で交わされたワイタンギ条約締結の地を訪れた。

断崖絶壁のCape Reingaから望むタスマン海と南太平洋は、地球が丸いことを実感できたこの旅のクライマックスだった。

ワイポウアの森にある推定樹齢2000年と言われている巨木カウリ、「タネ・マフタ」も見ることができた。別名"God of forests"と言われる圧倒的な大きさ。木というよりか建築物に近い。カウリは日本名ナンヨウスギという杉の木の一種で、NZ北島の一部に生息し、おそらく屋久島にある屋久杉と親戚なのかなという気もするが、NZの開拓期に伐採されまくったらしく、今でも生きている巨大なカウリは数本しか残っていない。

5泊かけてNorthland地方をまわり、オークランドからクアラルンプール経由で成田に昨日帰国。
旅の詳細はいずれ近いうちにHaere Mae! AOTEAROAで紹介しよう。

投稿者 kaoru : 2005年8月15日

2005年7月29日

【web creators 2005/9 】に紹介されました

w45cover.jpg本日発売の[MdN]発行の月刊誌「web creators 2005/9」に小生がちょろっとですが紹介されています。巻末特集の「WEB系アワード&コンテスト完全ガイド」の「先人に聞く! 受賞者Q&A」にて、先人扱いです。ネタ的にええんかなーとちょっと図々しい気もしないわけではないですが。。。ま、ちょっと図々しいぐらいじゃないと生き残れないし。。。MdN編集部がいいっていうんだから、なに、かまうものか。

投稿者 kaoru : 2005年7月29日

2005年7月12日

IAC 2005 Sponsors

iac.jpg以前にデザインした IAC 2005(国際宇宙会議2005 福岡大会)のスポンサーページ を見るとJALが加わっていた。こうやってJALとDEEP KICK.com が並んでいると、DEEP KICK.com が宇宙か航空関係の会社かと間違われる可能性も否定できんではないか。まあ、それもまたよし。立派立派。
そういや最近JAXA(宇宙航空研究開発機構)もあちこちで宣伝しているようで、この間、山手線に乗っていたら文字放送でJAXAの広告を見かけたような。

投稿者 kaoru : 2005年7月12日

スーチリ【コミュちゃんと特訓】

ここだけの話だが、スーチリの【コミュちゃんと特訓】がバグってる。原因はなぜかAS2.0でパブリッシュするとおかしい。1.0だと問題ないんだけど。前にもこういうことがあって、そのときは変数の定義というか初期化がされていないと2.0で書き出したときにうまく動かないことがあって、それは簡単に治せたんだけど、今回のバグはいろいろ試してみたけどまだ原因がよくわからないでいる。というわけで、 【コミュちゃんと特訓】は現在サービスを停止している。
でついでながら、無料バージョンの内容を少し変更してみた。要は、あまりに無料バージョンが大盛況で有料が寒いので、少し有料バージョンのほうへうながすように、タイブレークでゲームが終わってしまう形式から1ゲームが終わった時点で終了する形式にいじってみたのだけれど、効果はどうだろう。今後に期待したい。というわけで、無料バージョンで遊んでくれているみなさん、有料バージョンもよろしく。って言ったぐらいで有料買ってくれると苦労はないんだけど。

投稿者 kaoru : 2005年7月12日

2005年7月 9日

ロンドンの友人に

ロンドンでテロがあったというニュースをYahoo Newsで知ったのは、7日の日本時間19時頃のこと。すかさずBBCのウェブサイトにアクセスしてみたが、つながらない。Google.co.uk のニュースにはつながった。読むとけっこうヤバそうだったので心配になって、ロンドン在住のスコティッシュの友人に大丈夫かと、メールを送ってみた。
ほどなくして友人から返信がきた。とりあえず大丈夫なようで安心する。早くロンドンに遊びに来いよと書いていた。行きたいのは山々なんだが、なかなか時間がとれなくて実現していない。
テレビで古館キャスターが「日本人の被害者はいないようです」と繰り返す。だから何なの?日本のマスコミはすぐ邦人の安否ばかり気にし出す。バカ言ってんじゃない。テロの被害者に邦人も外国人もあるかよ。邦人が死亡しなかったからよかったのか?そういう発想ができるってのは、外国人の友人や知人がいないんじゃないの?
テレビでニュース映像を見るにおよんで、ますます東京でもテロが起きても不思議ではないなとの思いがさらに強まった。明日は何が起こるか予測不可能な世の中に生きていることを、肌で感じる。

投稿者 kaoru : 2005年7月 9日

2005年7月 5日

【tabini】 HTMLメルマガ

海外旅行専門サイト tabini のHTMLメルマガのデザインを作っている。前回は「今年の夏はアメリカに行こう!」。その前は「極上ハワイで安らぎの休日」
ほんと、ハワイにでも行って仕事のことはさっぱり忘れて、ビキニの姉ちゃんでも眺めながら、ゆっくり安らぎたいもんだ。
とまあ、グチはこのへんにして、このHTMLメルマガ、要領よく作るにはそれなりにコツがいる。どんな仕事でもプロであるかぎり失敗は許されないんだけど、特にメルマガってのは、送ったら最後もう直しがきかないんで、責任重大。かつてやっていた出力センターにMOでデータ入稿していたDTP(なつかしい響き)にも似た緊迫感がある。
きれいに見せるコツは、ちょっとキツいかなと思うぐらいコンパクトに仕上げること。特に旅行サイトのHTMLメルマガなので、イメージと読みやすさには非常に気をつかって仕上げる。当然ECサイトなんで売り上げにも左右してくる。それがダイレクトに見えてなかなかおもしろい。
次回のHTMLメルマガのだいたいのデザインができあがってきた。明日はラフをスタッフに見せるところまで追い込めるだろう。

投稿者 kaoru : 2005年7月 5日

2005年7月 2日

結婚式場

さて、先日都内の某ホテルに出かけた。結婚式場のブライダルフェアとやらに行ってきた。早い話がそのウェブサイトのリニューアルの仕事の話があって、Flashの専門家というわけで、なんでかお声がかかったってわけ。
結婚式とかにま?たっく興味がないハヤシカオルであるが(自分の結婚のときでさえ式なんかどうでもよくて、親までがどうでもええやんみたいなやる気のなさだった・・・式をあげずに二人で海外旅行ならぬ海外逃亡)、ブライダルフェアね、どんなもんかねと思いつつ、出かけた。
すると意外なことに思いのほか、けっこう素敵やんとか思ってしまった。う?ん、結婚式ねぇ、今更やりたくはないが、でもやっぱり記念になるのかな、通常一生に一回だし。あれくらい盛大にやれ衣装だ、音楽だ、引き出物だとかおおっぴらにやれる、つまり、主役になれるのは、結婚式ぐらいなんだなと思った。
特におもしろかったのが、ウェディングドレスのファッションショー。これがかなりすごくて、綺麗っていうかむしろカッコよかった。そりゃモデルのお姉さんやお兄さんが着こなしているからそうなんだけど。絵になるし、つい見とれてしまいました。
そういうわけであの臨場感をFlashムービーとか使って、ウェブ上で表現できんかなと、いろいろ考えはじめた。あのビデオ素材が使えれば、これはけっこういけるかも。いろいろ前途多難だけど、この話、うまく進むといいなあ。

投稿者 kaoru : 2005年7月 2日

2005年6月30日

スーチリ キャンペーン

DEEP KICK.com が運営しているスーパー・チリタイマーズ・テニス公式サイト【tennigame.jp】。ライセンス購入方法が、イーバンク銀行口座のみの受付となっており、今後クレジットカードとかウェブマネーとか、通常のECサイトのように広げていこうと考えているのだが、実際にどの支払い方法にアドバンテージがあるのかについて、アンケートを実施することにした。ただアンケートを実施しただけではユーザーにメリットがないので、アンケートに答えてくれた親切なユーザーの中から抽選で10名様に、スーパー・チリタイマーズ・テニス v2.0 の有料版ライセンス1ヵ月分プレゼントすることにした。
キャンペーン期間は、2005年6月28日? 2005年7月4日までなんで、もしご興味があれば、ぜひ応募くだされたし。
余談。最近UKからのアクセスが増えている。ウィンブルドン効果ではあるまいか。連日NHKでやっているし。昨夜も観ていたが、フェデラーすごい。きっと三連覇するんじゃないかな。
さらに余談。ウィンブルドンのオフィシャルサイト、IBMがやっているんだけど、クリエイティブ的に非常に参考になるよ。ウェブデザイン目指す方は、チェックしておくといいね。

投稿者 kaoru : 2005年6月30日

2005年6月29日

【tabini】成田発ヨーロッパ行き航空券が当たるキャンペーン

さて、今年の1月からDEEP KICK.com ハヤシカオルがウェブデザインを担当している【海外旅行サイト tabini】という海外航空券の購入や海外ホテルの予約ができるECサイトがあります。本日から成田発ヨーロッパ行きの航空券が当たる【クイズを探して旅に出よう】キャンペーンを開催しています。もちろんこれらのキャンペーンのクリエイティブも私が全面的に手がけています。キャンペーンのナビゲーターに先日立ち上げたテニスゲーム スーパー・チリタイマーズ・テニス公式サイト【tennisgame.jp】でも活躍中のテニスプレイヤー「コミュちゃん」も登場。今回のキャンペーンでコミュちゃんはフィッシングにチャレンジしています。見事魚を釣り上げると、クイズがでてくる仕掛けになっています。クイズに答えてメルマガ読者になれば、応募の資格がもらえます。【クイズを探して旅に出よう】キャンペーンページはこちらへ。もしかするとヨーロッパ行き航空券が当たるかもしれません。他にもいろいろプレゼントがありますので、ご興味のある方は応募してみてはいかがでしょう?
【海外旅行サイト tabini】の制作で最近妙に忙しいのですが、このキャンペーン以外にもいろんな海外旅行企画ページを制作しております。
例えば【おすすめホテル in ホノルル】。作っているうちにハワイに行きたくなります。
タイトルが長いですが、【マレーシア航空ヨーロッパ行きビジネスクラス航空券を買ってマンチェスターユナイテッドのチケットをGETしよう】。マンチェスターユナイテッドが、国立で鹿島と親善試合するらしいです。日本代表が来年のドイツワールドカップに出場が決まったんで、ドイツ特集ページでも作るかという営業サイドの話もあって、これからが楽しみですね。

投稿者 kaoru : 2005年6月29日

2005年5月23日

スーパー・チリタイマーズ・テニス v2.0 提供開始

tennisgame.jpgホームページ制作・Flash/リッチコンテンツ制作のDEEP KICK.comハヤシカオルは、オンラインFlashテニスゲーム『スーパー・チリタイマーズ・テニスv2.0』を、新しく立ち上げたウェブサイト http://tennisgame.jp/ にて平成17年5月23日(月)より提供開始いたします。

『スーパー・チリタイマーズ・テニス』はマクロメディア社のWebコンテンツ開発ソフトFlashで制作、2004年に発表されたインターネット上で遊べる本格的オンラインテニスゲームです。
8人のキャラクターから、自分自身が操作するプレイヤーと、コンピューターが操作する対戦相手のプレイヤーを選択し、シングルスで対戦するエキシビジョンマッチ「仲間とシングルス」、メインキャラクター『コミュちゃん』とサーブやストロークの練習ができる「コミュちゃんと特訓」があります。また「ランキング」のコーナーでは、ゲーム利用者の勝敗結果による各キャラクターのランキングを確認することも可能です。

v2.0ではキャラクターの得意なショットや走るスピードなどの個性がより強くなり、コンピューターが操作する対戦相手のレベルもより強力となったため、以前のバージョンでは対戦相手がいなくなってしまった上級者でも楽しめるようパワーアップしました。
前バージョンである『スーパー・チリタイマーズ・テニス v1.7』では、全て無料で遊べる仕様となっておりましたが、v2.0のゲーム性の向上により一部有料に踏み切りました。「仲間とシングルス」は、選択できるキャラクターに制限を設け、7ポイント先取のタイブレークで対戦する無料版と、8人すべてのキャラクターが自由に選択でき1セットマッチで対戦することができる有料版が用意されています。
有料版は月500円で、1ヶ月の期間中、回数の制限がなく利用可能です。支払方法は、イーバンク銀行の送金サービス『メルマネ』のみにて受け付けます。

マクロメディア社が配布しているプラグインFlash Playerがインストールされているパソコンであれば、Windows/Macintoshを問わず、インターネットエクスプローラーやFirefoxといったブラウザで動作します。なお、マクロメディア社の資料によると、Flash playerはインターネットに接続されているパソコンの98%にインストールされていると発表されています。

◇Flashオンラインテニスゲーム『スーパー・チリタイマーズ・テニスv2.0』
URL: http://tennisgame.jp/

『スーパー・チリタイマーズ・テニス』について
『スーパー・チリタイマーズ・テニス』は月間約30,000人が利用するオンラインテニスゲームです。
前バージョンにあたるv1.7は、平成16年度文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門・Webにて審査委員会推薦作品に選出されました。
また2005年4月より、United States Tennis Association (全米テニス協会)の提供するウェブサイト”USTA.com Backcourt” http://www.backcourt.usta.com/ にて、Super Chili-Timers Tennis v 1.7(英語版)をコンテンツ提供しています。

Flashは2次元のデータしか扱えないソフトウェアのため、本来はテニスゲームのような3次元的なボールの動きを表現するのは非常に困難でした。
『スーパー・チリタイマーズ・テニス』は、仮想的な3次元座標を2次元に変換する手法を用いることにより、テニスゲームに必要な3次元的なボールおよびプレイヤーの動きを再現することが可能となりました。これはFlashで制作されたほかのFlashオンラインテニスゲームと、一線を画するものです。

[ハヤシカオルについて]
ウェブデザイナー・Flashクリエイター ハヤシカオルはDEEP KICK.comを運営し、ホームページ制作・Flash/リッチコンテンツ制作業務を個人で行っています。
著書に、マクロメディア社のFlash MX 2004解説本『FLASH MX 2004 悩み&トラブル撃退マニュアル』(出版元/株式会社ワークスコーポレーション)があります。

<本件に関するお問合せ先は下記へお願いいたします>
DEEP KICK.com ハヤシカオル
e-mail: info@tennisgame.jp
DEEP KICK.com URL: http://www.deepkick.com/

投稿者 kaoru : 2005年5月23日

2005年4月 3日

[MdN] 2005年版 WEB制作会社総覧

mdn.gifMdNより出版された「2005年版 WEB制作会社総覧」に、DEEP KICK.com が紹介された。まだ書店に並んでいるのを見ていないが、MdNより見本誌が送られてきた。
見た感想、校正が送られてきた段階で、見開きでとりあげてくれるのは知っていたので、他の会社もすべて見開きで紹介するんだろうと思っていたが、1ページだけでとりあげられている会社もけっこうあって、うーん、なんでうちみたいな資本金ゼロの個人ウェブデザイナーが見開きだったんだろう、と不思議な気分。よその大きい会社はもっと規模の大きい仕事手がけていたりするのに、なんだか悪いな。見開きとそうじゃないところの差は一体なんだったんだろう?たまたまなんか、なんか理由があるのかな?とりあえず掲載していただいたことを素直に喜ぶべきかな。

投稿者 kaoru : 2005年4月 3日 | コメント (2)

2005年2月24日

文化庁メディア芸術祭開催

bunkatyou01.jpg恵比寿のウェスティンホテル東京にて、第8回文化庁メディア芸術祭の表彰式が行われた。表彰式後、受賞祝賀会に出席、そしてガーデンプレイス内にある東京都写真美術館での受賞作品内覧会に顔を出してみた。

おお、確かにエンターテイメント部門にわがスーパーチリタイマーズテニスも館内のPCから遊べるようにセッティングされていた。といっても館内にあるPC上でインターネットに接続して遊べるようになっていただけなんで、自宅のPCから遊ぶのと大して変わらないわけだが。いやいや日本国内外から集まった優れた作品が居並ぶ中、ここにこうして展示されていることに意義があるのだ。

今回はエンターテイメント部門の審査員推薦作品に選んでいただくという光栄に浴することができたわけだが、正直な感想を言わせてもらうと、エンターテイメント部門というくくりのなかで、ゲームやCGやウェブコンテンツを同じ土俵で評価するのはちょっと無理があるんじゃないかなと思った。何が優れていておもしろいのか、見る人の数だけ評価も違ってくるから、それを言っちゃえば収拾がつかなくなるんだろうけど、WEB部門は独立させてほしいかなと思う。将来的に。

自分の作品についてはこれくらいにして、受賞作品を見て回る。もっとも楽しめたのは、アート部門の優秀賞を受賞した作品「GLOBAL BEARING」。これは非常に素晴らしい作品で、地球がガンガンに回る。大胆なアイデアと迫力に思わずのけぞらずにはいられなかった。概して、アート部門は非常にレベルが高い。実際に触ってみることで楽しめる作品が多かった。自分でゲームを作っておきながらこういうのもなんだが、エンターテイメント部門はゲームがよく分からないのとCGもそんなに興味が湧かなかった。次回もし何かを作るとしたら、アート部門にチャレンジしてみたい。

bunkatyou02.jpg東京都写真美術館の前にて記念撮影。受賞作品展は、日時:2月25日(金)?3月6日(日)、会場:東京都写真美術館 1F/2F/3Fにて行われる。ご興味のある方はぜひどうぞ。無料らしい。

投稿者 kaoru : 2005年2月24日 | コメント (5)

2005年2月 8日

忙しい

忙しい。マジで。1月の最後の週から一気に仕事のヤマが重なって、今抱えているメインの仕事は、デザイン + HTML + PHP系が2本、Flash系が、某大手生命保険会社の営業ツールとして使う(ノートPC上でお客さんに見せながら保険商品を紹介するためのFlashコンテンツ)Flash制作と、C社の仕事でインターフェイスをFlashで制作し、ムービーとテキストやグラフを組み合わせて見せるFlash制作の2本。それぞれクライアントに見せる日が今週から来週にかけて集中する。

先日のテニス対抗戦のときも仕事抜け出してテニスしてたから、あれ以来全然休みなしで、ひたすら仕事と格闘。ジムに行って身体を動かしたいが、それもできない。なぎ倒してもなぎ倒しても、次から次へと立ち現れるモンスターのようにも感じられるが、やや仕事中毒気味でなにやら気味の悪い心地よさを感じたりもする。ヤバイかな。

でも睡眠はたっぷりとる。というかなかなか起きられない。それだけ仕事中、全神経集中して頭を使っているからだろう。日頃から鍛えているので、体力には自信がある。新聞配達で苦労したことを思えば、これしきの忙しさは何て事はない。
まあ、忙しいのは一瞬だ。そのうち終わる。だからこの状況を楽しむしかないではないか。さあ、やるぜ、オレは。

投稿者 kaoru : 2005年2月 8日

2005年1月 4日

あけましておめでとうございます 2005年の目標

DEEP KICK.com ハヤシカオルです。
遅れましたが、2005年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

去年の2月までニュージーランドに行っていたので、日本での年末・お正月は2年ぶり。
年末は家族で鬼怒川温泉へゆっくりしてきた。
お正月は北千住周辺を散歩したり(きたせんじゅ・Blog参照)、スーパー・チリタイマーズ・テニスの次期バージョン開発を進めたり、ローマ帝国史が昔から好きなので、塩野七生さんの「ローマ人の物語XII 迷走する帝国」をひたすら読んだりしていた。

2004年は予想だにしないことがわき起こったり急展開した年で、これまで以上にエキサイティングな想いができ、また様々な方と仕事やインターネットを通して出会うことができ、新規のクライアントからの発注やオリジナルコンテンツの制作や書籍の出版、そして講演など、これまでになかったジャンルの仕事にも関わることができて充実した年だったので、今年はこれらの実績をより発展させていきたいと考えている。

具体的には、やはりFlashによる制作が中心を占めるかと思うが、

第一に去年の文化庁メディア芸術祭・審査委員会推薦作品入選に続き、積極的に作品発表の場としてアワードにチャレンジしていく。手始めにFlashforward 2005 San FranciscoのFlash Film Festivalに作品を応募するつもりだ。このために英語にも訳した。締め切りが近いが準備は整いつつある。目標はfinalistに残ること。

第二にオリジナルコンテンツを販売すること。
これまでは自分のオリジナルコンテンツを制作しては無料で公開してきた。しかし今年は準備が整い次第、コストを最小限に抑えるために自前でコンテンツ販売にチャレンジしてみようと考えている。コンテンツがおもしろければきっと売れると思う。未来の作家的Flashクリエイターは、クライアントとのコラボレーション以外にも、自前のコンテンツで評価され、経済的に成功していくはずだ。

第三により高度なFlash制作にチャレンジしていきたい。今年はさらにクライアントのクオリティや納期や価格面での要望は高くなり、クリエイター間の競争は激しくなるだろう。どうやって生き残っていくか。それはDEEP KICK.com にしかできないクオリティとコスト面でのプライオリティ、これに尽きると思う。納品物のみならず仕事の受注や契約も含めて、自分のスタイルを守りつつ、クライアントに対し新たな提案をしていくこと。

プラスもう一つ。それは積極的に海外進出していくこと。おもしろいコンテンツは日本のみならず海外でも需要があると思う。いかにコンテンツで海外市場を開拓していけるのか。それが今年の第四のテーマになる。

他にもまだまだいっぱいあるが、これらのテーマを特に念頭において、今年は活躍していければと思っている。乞うご期待。

投稿者 kaoru : 2005年1月 4日 | コメント (4)

2004年12月11日

次期バージョン

Flashテニスゲーム「スーパー・チリタイマーズ・テニス」の次期バージョンの開発を進めている。
クライストチャーチで暇していたとき、このゲームを作り始めた。あれから1年。
現在公開しているバージョンは1.7、これは5ヶ月ほど前にアップしたものなんだけど、よりテニスゲームとしての完成度を高めるため、対戦相手のレベルアップの試行錯誤しているが、これがなかなか奥が深くて、単に自分が操作するキャラクターのレベルを下げれば相対的に相手は強くなるのだけれど、より実際のテニスに近いスリリングなラリーが展開されないとおもしろくない。
そのあたりの試行錯誤を続けているが、かなり完成度は高まってきた。
ただこのゲームをどういうふうに活用していくかについては、よく考えなければならない。
今まで無料で遊べるようにしてきたけど、それはそれで大勢の方に遊んでもらってよかったように思う。
次期バージョンを無料で公開するか、有料にするか、あるいは部分的に無料にするのか。
スーパー・チリタイマーズ・テニスのチャレンジは続く。

投稿者 kaoru : 2004年12月11日

2004年12月 9日

最近どうも仕事の調子が。。。

最近どうも仕事の調子が。。。良い(笑)。

ブログ全然更新していないから、何も仕事していなかったようにも見えるが、実際はその真逆で、一気に仕事の波が来て、全速力で駆け抜けてようやくゴールテープを切ったところ。
休む間もなく、遠泳、自転車、マラソンとこなすトライアスロン状態をどうにか乗り切りつつある。
一気にどっと仕事が立て続けてに来て、そして終わらせていった。いやまだ終わっていない、始まったばかりのものもある。
そんな状態が続いたので、ブログのことはすっかり忘れていた。
なんの仕事だったのか、それはいずれ明らかにできるはずだが、今はまだ言えない(笑)。
いずれもFlashの仕事だったとだけ言っておきたい。
ひょっとしてハヤシカオルは「売れっ子」になりつつあるのだろうか?
そんなバカな。
いや、前々から思っていたけど、きっとそうだ。
その証拠に、今こんなに忙しいではないか。
平日ものんきにテニスをしているような日々が遠い過去のものになりつつあるではないか。

自己暗示はそのへんまでにしておいて、そういえば先日スコティッシュの友人、クリスチャンがやって来た。
仕事で北京、上海に来たついでに3日ほど東京での用事を済ませるため、我が家に滞在していった。
クリスチャンは、UKを拠点にしている翻訳会社・translation companyのlingo24のFounderで、僕の大切な友人なのだ。
クリスチャン滞在中は、仕事の手を休めて妻の3人で、東京タワーに登ってみたり、銀座で韓国料理を食ったり、近所のコートでテニスしたりしているうちに、あっというまに時間が過ぎて、クリスチャンは再び中国での仕事へ戻っていった。4月にうちに来たときは、浅草、神宮球場でヤクルトー横浜の開幕戦、そして新宿を案内した。これでもう東京は完璧にマスターしたことだろう。成田から北千住の我が家まで、一人で来れたし、完璧にメトロ、JRを乗りこなしているとは、さすが翻訳業界の若き実業家だけある。

クリスチャンを日暮里まで見送った後、制作、打ち合わせ、締め切り、修正、新規案件の契約、新規依頼の問い合わせ、電話は鳴る、海外の某組織から素晴らしきニュース、友人が勤めている会社からの制作依頼、まあ、いろいろあって、まるでトライアスロンのよう。
さあ、もうひとふんばりや。

投稿者 kaoru : 2004年12月 9日 | コメント (2)

2004年11月25日

Flashゲーム制作中

さてFlashゲーム制作依頼を受けて、今まさに制作真っ最中。
今回のゲームは、なんというかパズルゲームのようなジャンルで、これがなかなか頭を使う。
またほぼ同時にこれまたFlashなんだが、あるIT企業のテクニカルサービスの内容を紹介するムービーの制作依頼が入ってきており、それにもとりかかる。
12月初旬あたりに納品なので、しばらく気合いを入れて制作に打ち込む予定。
しかしながらあんまり無理して体を壊したりアイデアが浮かばないのも困るので、気分転換に綾瀬の東京武道館のジムに行って汗を流したり、近所のオートテニス場(壁打ち)で、ラケットを振ったり、荒川河川敷をランニングしたりしてリフレッシュする。
今日は夕方荒川を走ってみたが、空は秋の鰯雲に夕焼けがきれいに映え、これぞ北千住という開放感を味わうことができた。こういう天気の時は、北千住にゆかりのある武田鉄矢さんの「贈る言葉」を口ずさみたくなる。

投稿者 kaoru : 2004年11月25日

2004年11月20日

マクロメディアにて

本日は午前中、極秘プロジェクトおよびFlash制作にいそしむ。
午後は赤坂のマクロメディア社にて、ちょいとミーティング。
Flashがらみの極秘プロジェクトをすすめるにあたって、個人的に専門家にお会いして、さまざまなアドバイスをいただくことができ、大いに満足。
コンテンツのダウンロード販売の可能性について調べてみる必要あり。
これまでいかにコンテンツに課金するか、いろいろ頭を悩ませたものだが、確かにダウンロード販売は、自分の力でもできそうだし、なにより自分で自分のコンテンツをプロデュースできる自由があって魅力的。
稼ぐのはなかなか難しいだろうが、初期投資を抑えてうまくやれば、あるいは。。。

投稿者 kaoru : 2004年11月20日

2004年11月16日

さあ、今日から本腰や

午前中は極秘プロジェクトの開発、その後秘密のオートテニス場で特訓(単なる壁打ちだったりして)、オフィスに戻り、シャワーを浴びて、リフレッシュ。14時より北千住駅東口のサンローゼにて打ち合わせ。
打ち合わせ後、オフィスにて仕事、その後綾瀬の東京武道館のジムで体を動かす。
21時帰宅、プロジェクトXを見ながら、ラーメンを食べた。
今日はひと風呂入って、もうちょっと仕事するかな。
もし暇だったら11月後半は南の島、モルジブかフィジーかハワイかニューカレドニアにでも行ってこようかと思っていたのだが、仕事が入ったため休暇は年明けにとることにした。
忙しいときは仕事に集中し、そのうち嫌でも暇なときが来るから、そのとき優雅にバカンスできるようにするのがフリーランスの基本だろう。
明日から忙しくなりそうだ!ありがたいことです。

投稿者 kaoru : 2004年11月16日

2004年11月15日

とあるプロジェクトを開発中

さて、本日は前々から進めていたとあるプロジェクト開発に朝から晩まで没頭。やはりFlashを使うのだが、まだ誰にも話したくないためノーコメント。企業秘密なのだ。Flashで作られたモノとしては、最強レベルだという自負心あるのみ。その正体は、こうご期待。

投稿者 kaoru : 2004年11月15日

2004年11月13日

ビデオアーカイブ・チリタイ劇場

chilitimers_theatre.jpgブログを立ち上げて困ることは、しばらく間が空いてしまったときに、マヌケな感じがしてしまうことだけど、何もしていなかったわけではなく、その逆で、ハヤシカオルは仕事に趣味に非常に多忙だった。
今とあるFlashゲーム制作の契約をすすめているのだけれど、来週中には仕事になるかならないかハッキリするかな。仕事になるといいな。ま、それは今後の楽しみにしておいて、最近仕上げたのは、ウチウチの仲間たちだけで見て楽しむコンテンツで、「ビデオアーカイブ・チリタイ劇場」というものだ。

続きを読む » "ビデオアーカイブ・チリタイ劇場"

投稿者 kaoru : 2004年11月13日

2004年11月11日

SUBARU Recruiting Board 2005

僕が今回制作させていただいたのは、スバルのリクルート情報ページのFlashオーサリングです。納品無事終了、そしてアップロードされました。
既に存在していたFlashの微妙なリニューアル作業でしたが、スバルの軽快な走りらしいいい仕上がりです。
そういえば、クライストチャーチで間借りしていたフラットに住んでいたアニータもSUBARUが愛車でした。マイクはHOLDENでしたが。

投稿者 kaoru : 2004年11月11日

2004年11月 2日

新しい仕事にとりかかる!

見積もりが通り、新しい仕事(Flash)にとりかかることが決まった。イエ?イ!と気分がいいな。短期決戦の勝負。明日から3日間ぐらい、カンヅメでがんばるぞ、おーっ!と、一人で盛り上がっております。

投稿者 kaoru : 2004年11月 2日

2004年10月28日

原宿

午後、千代田線に乗って明治神宮前に行く。取引先の会社でとあるウェブサイトのFlash制作の件で打ち合わせ。
帰りに久しぶりに「九州じゃんがらラーメン」に行って、じゃんがらの「味玉・めんたい入り」を食べた。800円也。

続きを読む » "原宿"

投稿者 kaoru : 2004年10月28日

2004年10月26日

RECRUIT 事業紹介 Flash 完成!

recruit.jpgさてさて、ハヤシカオルが制作したRECRUIT CAREER CHANNEL|事業紹介のFlashムービーが、無事にアップされました。「一丁上がり!」といったところです。

続きを読む » "RECRUIT 事業紹介 Flash 完成!"

投稿者 kaoru : 2004年10月26日

2004年10月19日

東京コンテンツマーケット2004

tmc01.jpg18日午後、有楽町の東京国際フォーラムで開催されている東京コンテンツマーケット2004に行ってきた。

続きを読む » "東京コンテンツマーケット2004"

投稿者 kaoru : 2004年10月19日

2004年10月18日

テニスでリフレッシュ!

講演会終了の余韻にひたっているのもつかのま、土曜日も制作、日曜日も制作。。。R社の就職説明会Flashムービー、これが15分あって、月曜日に仮納品のため、土日もFlash MX 2004と向き合い、コツコツと制作。気晴らしに図書館、そして買い物。図書館でデートするとお金がかからない(笑)。17日19?21時、東綾瀬公園でのわがテニスチーム、チリタイのテニスにでかけた。

続きを読む » "テニスでリフレッシュ!"

投稿者 kaoru : 2004年10月18日 | コメント (2)

2004年10月16日

講演会、終了!

DSCF1783.jpgデジハリ東京本校にて行われた拙著「FLASH MX 2004 悩み&トラブル 撃退マニュアル」の出版記念講演が終了。
私は人前で講演することがほぼ初めてでしたが、デジハリの杉山校長先生の巧みな話術にのせられて、緊張することもなく楽しみながら講演をすることができました。今回の講演会にご協力いただいたみなさま、そしてわざわざ私の講演を聴きに来場された方々に感謝!

続きを読む » "講演会、終了!"

投稿者 kaoru : 2004年10月16日 | コメント (4)

2004年10月11日

3連休ですが。。。

3連休ですが、仕事しています。土曜日はハレマエ!アオテアロアの特集ページ制作、R社の就職説明会で見せるというFlashムービー制作、そして台風が迫り来る中、北千住のトラヤで催された陶芸教室の展示会の取材。

続きを読む » "3連休ですが。。。"

投稿者 kaoru : 2004年10月11日

2004年10月 9日

ワールドカップ2002

soccer.jpg気分転換に図書館から借りてきた「FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD 日本代表 全軌跡」を観ました。

続きを読む » "ワールドカップ2002"

投稿者 kaoru : 2004年10月 9日

2004年10月 8日

ヤングジョブスポット北千住

昨日の午後はまず北千住のヤングジョブスポット北千住にてミーティング。フリーターに自分の仕事についてざっくばらんに語るトークセッションというイベントに、講演者として参加させていただくことになりそうです。日時は11月11日(木)15時?17時の予定。最近人前でしゃべることが増えてきたな、これも出版効果なんだろうか。

続きを読む » "ヤングジョブスポット北千住"

投稿者 kaoru : 2004年10月 8日

2004年10月 6日

あわただしい日

今日はあちこちから電話がかかってくるあわただしい日で、ちょいとジタバタしてます。きたせんじゅ・ねっとへのバナー掲載の問い合わせや、3つの派遣会社(全部違う派遣会社)からたてつづけに仕事の依頼が舞い込んできたり。しかし10月20日過ぎまでちょいと大きいFlash制作の仕事が入る予定があって、断らざるをえなかったんですが。

続きを読む » "あわただしい日"

投稿者 kaoru : 2004年10月 6日 | コメント (1)

2004年10月 4日

56th IAC 2005 Fukuoka

works_sum_iac.jpg9月に公開した仕事になりますが、56th International Astronautical Congress 2005 Fukuoka、日本語に訳すと「第56回 国際宇宙会議2005 福岡」のウェブサイトを制作しました。

続きを読む » "56th IAC 2005 Fukuoka"

投稿者 kaoru : 2004年10月 4日

2004年10月 3日

今制作中のFlashムービー

今制作しているのは、C社のユーザー向けのウェブサイトの内容をFlashを使って紹介するムービー。締め切りに間に合うように、今日も制作に励んでおります。

続きを読む » "今制作中のFlashムービー"

投稿者 kaoru : 2004年10月 3日

2003年6月14日

「第2回オープンサロン」?インターネットとコミュニティ

DSCF0632.jpg6月14日(土)13:30?16:30、学びピア(足立区生涯学習センター)5階・研修室2にて、【千住・町・元気・探検隊】の一部門である千住エコロジーネットワーク主宰の「第2回オープンサロン 千住のまち情報1 ?インターネットとコミュニティ?」が行われました。きたせんじゅ・ねっと管理人の私も招かれまして、お集まりいただいたみなさんの前で、「きたせんじゅ・ねっと」のコンセプトやコミュニティサイトの可能性などについて、お話しする機会がありました。簡単に私の話の内容をご紹介することにします。

◆ ハヤシカオルのオープンサロン資料

上の資料をもとにして、話をすすめました。(予定の20分を余裕でオーバーしてしまいました。佐々木さん、ごめんなさい。これで心おきなくNZに旅立てます)特にみなさんに興味深くきいていただけたのは、

2-4 技術仕様の特長
◆こんなこともわかる! アクセス数解析・ログ解析
◆こんなこともわかる! 検索キーワードログ・検索キーワード集計

の部分でした。実際にPHP & MySQLで構築したデータベースに蓄積されたデータを元に【きたせんじゅ・ねっと】がどういうふうにユーザーの方に利用されているのかを示した表やグラフを取り出して分析してみせたのですが、ウェブサイトを通してそこまでわかるのかとの感想を多くいただきまして、好評でした。なかでも【検索キーワード集計】は、ユーザーの方が何に興味を持って(どんな情報を求めて)きたせんじゅ・ねっとを訪れているのかを推察する上で、数多くのヒントがありますと解説したところ、大いにウケていたようです。これはきたせんじゅ・ねっとを分析する上で、非常に重要なデータですので、一般公開はしていないのですが、会場に来ていた方は非常にラッキー(笑)でした。楽しんでいただけたように思います。

私個人的には、千住を舞台にして多くの方が、相互交流的なコミュニティの必要性を感じているということ、インターネットを利用してより深く相互交流ができないかと模索している状況を大変うれしく思いました。以前に比べて徐々にではありますが、千住周辺で活動されている方々のインターネットやウェブサイトに対する関心が広がってきていることを感じることができました。そうなるとわが【きたせんじゅ・ねっと】のようなサイトの需要は高まるでしょうし、それを続けていく意義もより高くなっていくことと思います。

オープンサロン後、千住で生活・活躍されている方々と、様々な千住の魅力について酒を飲みながら話したのですが、肩肘はらないごく普通の人間としてのごく当たり前の日常生活をエンジョイできるのが、千住の一番の魅力なのかなーと感じました。仕事を楽しみ、休みの日には家族と過ごして、友人や知り合いと酒でも飲みながら談笑し、散歩したり、買い物したり、といった普通の日常生活のワンシーンを微妙に印象深いものにしてくれるような環境、それが千住ではないかと。オープンサロンを通して、そんなことをあらためて発見したような気がしました。

投稿者 kaoru : 2003年6月14日

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio