トップページ » DEEP KICK.com Blog » ネットビジネス

ネットビジネス

2006年2月 2日

Blog + The long tail Market seminar

池袋サンシャインにてPAGE 2006 クロスメディアカンファレンスの特別セミナー「ブログとクロスメディアとロングテールとビジネスの幸せな関係」を傍聴する。
シックス・アパート株式会社の関氏、Googleの高広氏、株式会社ロフトワークの諏訪氏のお話しを拝聴。 興味深かった話を列挙すると、

  • パレートの法則がAdvertising 1.0的な考え方とするのであれば、ロングテールはAdvertising 2.0的と言える
  • ブログエコノミーがEコマースを進化させる。CGM (Consumer Generated Media)の台頭
  • 「目的地」であり同時に「媒体」としての企業ブログの可能性
  • 次世代のWebコミュニケーション 簡単・見つかる・双方向
  • 広告が変化する。「知っている」=「買う」ではない。Advertising 1.0はAttention(ユーザーの注意)のひきつけを重視。これがIntension(ユーザーの意図・興味)重視に変化する。
  • Advertising 1.0時代の広告はコンテンツとコンテンツの間に挟まってお邪魔していた。Lean Back。テレビCMはトイレタイム。ユーザーがLeah forwardに変化するのは、「広告」=「情報」として認識されたからに他ならない。ユーザーのIntensionに対応することを考える。
  • Marketing for Consumer Intensions

なるほど。なるほど。Blogと広告を組み合わせた新たな広告媒体のイメージが見えてきた気がする。ユーザーは自ら能動的に知りたい情報を求めて検索する。そこにブログが現れる。
Adwordsのようなキーワード連動型・コンテンツ連動型がユーザーの知りたがっている情報と一致するなら、それは広告でありながら「情報の価値」を持っていることになる。その媒体となるのが従来のマス広告であったテレビ・新聞・雑誌ではなく、ブログなのだ。
こういうことを考えるとエキサイトしてくる。多分それは今後の可能性を感じるからだろう。

投稿者 kaoru : 2006年2月 2日 | コメント (2)

2005年7月12日

<ヤフー>ネット競売詐欺出品の被害女性に誓約書要求

ちょっとこれはヤフーのやり方も、いくらなんでも行き過ぎ。顧客の権利保護の原則から言うと、まるで対応がなっていないのがバレバレ。ヤフーはもう巨大企業といってもいいように思っていたけど、優先すべきは自分らの主義と主張ありきの姿勢が見え隠れてして、ちょっと情けない気がする。セクハラの被害者が捜査する側の警察によって受ける「二次被害」と似たところがあるのでは?

投稿者 kaoru : 2005年7月12日

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio