トップページ » DEEP KICK.com Blog » ActionScript3 Technical Bible

ActionScript3 Technical Bible

2008年12月31日

AS3 Technical Bible - vol.06
TweenMaxを使ったフォトギャラリー

w86cover.jpg web creators 2009年2月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「TweenMaxを使ったフォトギャラリー」になります。本連載でもって、わたくしハヤシカオルの執筆はひとまず終了することになりました。「Flash Creative Technicque」時代を含めると、3年にわたって「web creators」の連載を担当してまいりました。毎月4ページの連載を続けるのは、それなりに大変でしたが、ここまで継続することができました。この場を借りまして、読者のみなさまに御礼申し上げます。ご愛読いただきありがとうございました。またどこかでお会いしませう。

deepphotogrid.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。

TweenMaxは、ActionScriptのモーション系ライブラリのひとつで、GreenSockを運営しているJack Doyle氏が提供しています。最新版のTweenMaxはGreenSockのサイトからダウンロードできるので、そちらから手に入れるようにしてください。なお、ここでは執筆時点(2008年11月)での最新版「TweenMax (AS3) version 3.4」を使用しており、それ以外のバージョンでは仕様上の変更の可能性があることをご承知おきください。TweenMaxの使い方に関する詳細は、誌面および「gs/TweenMax.as」の冒頭部分にコメントとして記述されているので、そちらに譲りたいと思いますが、ここでは誌面では詳しくとりあげられなかったフォトギャラリーとTweenMaxの連携について、若干補足したいと思います。なおサンプルのソース一式は、誌面に掲載されているパスワードを使用して、web creatorsのサイトからダウンロードすることができます。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.06
TweenMaxを使ったフォトギャラリー"

投稿者 kaoru : 2008年12月31日

2008年11月30日

AS3 Technical Bible - vol.05
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2

w85cover.jpg web creators 2009年1月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2」になります。

deepblocktennis2.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回に引き続き、2Dアクションゲームの原点のブロックくずし型ゲーム「DEEP BLOCK TENNIS」の作成について解説します。前回は、「パッド」と「ボール」がシーン内において跳ね返り運動を延々と行い続けるところまで作成しました。今回は、ブロックとなるオブジェクトをシーン内に配置し、ボールとブロックの衝突処理を中心に解説し、ゲームを完成させます。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではブロックをシーン内に配置する仕組みと、ブロックの種類を制御する仕組みについて補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.05
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.2"

投稿者 kaoru : 2008年11月30日

2008年10月30日

AS3 Technical Bible - vol.04
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1

w84cover.jpg web creators 2008年12月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1」になります。

deepblocktennis1.jpg できあがりのサンプルはこちらをクリック。
左右矢印キーで、パッドを動かします。

今回の連載から2回に分けて、2Dアクションゲームの原点のブロックくずし型ゲーム「DEEP BLOCK TENNIS」の作成について解説します。ゲームの構成要素としては、縦横に並んだ「ブロック」、左右に移動させる「パッド」、パッドやブロックやシーンの壁に衝突して跳ね返り運動を行う「ボール」の3つの要素があります。前編となる今回は、「パッド」と「ボール」がシーン内において跳ね返り運動を延々と行い続けるところまで作成します。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではキーでパッドを制御するメソッドの定義と、パッドとボールの衝突処理について補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.04
2Dアクションゲーム ブロックくずし Part.1"

投稿者 kaoru : 2008年10月30日

2008年9月30日

AS3 Technical Bible - vol.03
シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成

w83cover.jpg web creators 2008年11月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成」になります。

FLVPlayer2.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回のweb creators 2008年10月号で解説したAS3版FLV Playerに改良を加えて、シーク機能とボリュームコントローラーを実装したFLV Playerを作成します。便宜上、前回作成したものを「ver. 1」、今回のものを「ver. 2」と呼ぶことにします(サンプルは上のリンクをクリック)。
今回作成する「ver. 2」のポイントは2つあります。1つは、ドラッグ可能領域となるバーの上を左右にスライドすることができるボタンを作成すること。もう1つは、そこから得た値を、FLVの再生ヘッドの位置やボリュームに適用することです。実際にできあがったサンプルのコントロールエリア部分を操作してみて、各機能を把握するとよいでしょう。詳しい解説は誌面のほうにゆずりますが、ここでは「ver. 2」で新たに追加したコードについて補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.03
シーク・ボリューム機能を備えたFLV Playerの作成"

投稿者 kaoru : 2008年9月30日

2008年8月31日

AS3 Technical Bible - vol.02
フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成

w82cover.jpg web creators 2008年10月号 に掲載の連載「ActionScript 3 Technical Bible」のテーマは、「フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成」になります。

FLVPlayer1.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

誌面の冒頭で述べているように、AS3では、NetConnectionオブジェクトとNetStreamオブジェクトを通してFlash Videoファイル(以下FLV)を制御するように仕様が変更されました。誌面の解説では、FLVを制御するために知っておきたい基本的な仕組みと、FLVコンテンツの再生・一時停止機能およびフルスクリーンモード切替機能について解説しています。サンプルを作成するための詳しい解説は誌面の方を見ていただくとして、ここではvideoインスタンスにFLVを再生するための手順について補足します。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.02
フルスクリーンモードを備えたFLV Playerの作成"

投稿者 kaoru : 2008年8月31日

2008年7月30日

AS3 Technical Bible - vol.01
マウスイベントと連動した"さざ波"の作成

w81cover.jpg web creators 2008年09月号 からスタートした新連載「ActionScript 3 Technical Bible」は「マウスイベントと連動した"さざ波"の作成」になります。

rippleMaker.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

はじめに、今月号(2008年09月号)の「web creators」からスタートする新連載「ActionScript 3 Technical Bible」の執筆を、ハヤシカオルが担当することになりました。先月号(2008年08月号)までおよそ2年半にわたって執筆させていただいた「Flash Creative Technique」から、さらにActionScript3を究めるためのテクニックを中心に紹介していきます。
本連載では、ActionScript1.0/2.0 で制作してきたクリエイターが、ActionScript3.0に移行するために理解しておきたい事柄について説明していければと考えています。というのはご存じのように、ActionScript1.0/2.0とActionScript3.0では、スクリプティング手法そのものが別の言語のように変わりました。よりプログラマーの世界に近づいたと言いますか、オブジェクト指向よりのスタイルになったわけです。オブジェクト指向プログラミングの開発の特徴は、誰が見ても分かりやすい合理的な継承・上書きによるクラスベースのスクリプティング、他の人が制作し公開しているライブラリやクラスの再利用のしやすさにありますが、同時にオブジェクト指向よりではなかったデザイナー向けといいますか、より直感的なスクリプティングが可能な開発言語だったActionScript1.0/2.0のおおらかなスクリプティングの特徴、ある意味なんでもありの自由きままな記述スタイルがにべもなく否定されてしまったわけです。。。古いFlash Playerに対する後方互換性の観点から、ActionScript1.0/2.0はなくなりはしないと思いますが、今後のFlashの進化とその方向性は、今後ActionScript3.0を基盤にしていくことは、歴然としています。
そのあたりの事情をふまえて、ActionScript3での開発を目指すFlashクリエイターに有用なサンプル制作を解説していく連載内容にしていきたいと思います。私自身も日々研究・格闘中です。読者のみなさんとともにじっくりと腰を据えて、Flashテクノロジーの勉強を続けていきたいと思いますので、ご期待ください。

続きを読む » "AS3 Technical Bible - vol.01
マウスイベントと連動した"さざ波"の作成"

投稿者 kaoru : 2008年7月30日

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio