« キンドル日本語版発売のニュース - ついに電子書籍端末の本丸が日本上陸 | DEEP KICK.com Blog | 【本日の一枚】清滝の紅葉 »

2012年10月25日

Kindleストア日本版が開業 - AppleのiBookstore日本版はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本における電子書籍関連の動きが10月の後半になって、急速に慌ただしくなってきたのは気のせいなのか、それとも各陣営が年末商戦に合わせてきた結果なのか?いずれにしても首を長くして待っていた状況がついに動き出した感がある。

昨日のAppleのタブレット初心者を取り込むための新兵器「iPad mini」の発表、そしてアマゾンのキンドル日本語版の発表に続き、本日はKindleストア日本版がオープンした。Kindle向けにEPUBで出版した弊著「A Trip to Okinawa Series」(沖縄紀行の英語版)が、オープンしたてのホヤホヤのKindleストア日本版で販売されているのかなと思い、さっそく著者名の「Kaoru Hayashi」で検索してみると普通に販売されていた。自分が書いたオリジナルの日本語版より先に英語の翻訳本が並ぶとは(笑)。

kindlestore.jpg

Kindleストア「Kaoru Hayashi」で検索した結果の画面

なぜこういうことが起きているかというと、コンテンツの日本語版がこちらから出版できるシステムがまだ用意されていないためだ。つまりKindle Digital Publishing(KDP)が日本語のコンテンツに対して未対応なのである。しかしいずれKDPも日本語で書かれたコンテンツを出版できるようになると思われる。その仕組みが整えば、日本で11月に発売されるキンドル端末や既にスマートフォンやタブレットなどのデバイス向けに提供されているソフトウェアのKindleに向けて、日本語のコンテンツをリリースしていけるようになるだろう。

昨日書いたエントリー「キンドル日本語版発売のニュース - ついに電子書籍端末の本丸が日本上陸」でも述べたが、アマゾンやKoboといった電子出版サイドの日本の出版業界への参入により、今まさに読み手と書き手と出版・取次サイドの関係がシャッフルされつつあって、新しい出版システムや読書スタイル、出版界の経済が形成されていこうとしているのを感じる。

そういった中で個人的に思うのは、「AppleのiBookstore日本版はどうした?」ということだ。ひょっとしてかなり出遅れているのか?現在タブレット市場で圧倒的なシェアを持つiPadだが、もしAppleが昨日発表した「iPad mini」をタブレット初心者層に浸透させ、読書も可能なリーダーとしてさらに成功させたいのであれば(当然狙っているはず)、日本でも早いところiBookstoreを充実させる必要があるだろう。しかし日本のiBookstoreが開店しているのか閉店しているのかよく分からない状況が続く現状は、電子書籍の未来を期待している私にすれば、キツい言い方ではあるが一言「無様」としか言いようがない。

日本で出版業に参入するには、iTunesstoreとiPodで音楽業界を一変させた天下のAppleと言えどもいろいろ障壁があるのだと思う。同じようにはいかない。しかしアマゾンはついに突破してきた。日本語の読み手や書き手で、iBookstoreに期待している方は多いはずだ。iPadで見るiBooksは、未来の書籍のスタイルを私たちに提示してくれており、本当に素晴らしい。しかしそこに日本語で書かれたコンテンツを流通させる仕組みが用意されていない。iBookstoreもKindleストアに負けないように、ぜひ奮起してもらいたい。

投稿者 kaoru : 2012年10月25日 10:37

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio