« Twitter、はじめました | DEEP KICK.com Blog | アメリカ国内のWeb trafficで、AndroidがiPhoneを抜く »

2010年4月22日

Flash Professional CS5がiPhoneネイティブアプリ作成に対応せず

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneでFlashを動かせないかと思案していたFlashユーザーの方に朗報という記事を以前このブログに書きましたが、残念なことにその機能は実装されないということです。その理由について、AppleがiPhone OS SDKの利用規約に「Appleが推奨しない環境からのiPhoneアプリ作成を禁止する」ような内容を付け加えたために断念せざるを得ないというアナウンスがAdobeからなされた模様です。詳しいニュースは、下記を参照ください。

Adobe CEO「Appleはクローズドを選択した」 iPhone向けFlashアプリ変換ツールへの投資中止 - IT media News

そういうこともあろうかと、これまで作成したFlashゲームなどをObjective-C + Xcodeで作り直そうと努力していましたが、なんとなく「ワンソース・マルチユースの理念通り、ボタンひとつでFlashから書き出せればいいな」と期待していたのは事実ですし、多くのFlashデベロッパーの方々もそうだったのでないでしょうか?

先日参加した「Adobe Flash Platform Camp Tokyo」においても、「Adobe Flash CS5を使用したiPhoneアプリケーション開発」というMike Chambers氏のセッションがあったように、Flash CS5の目玉機能のひとつとして、クローズアップされていたように思います。

しかし誰がどうあがいたところで、iPhoneというプラットフォームは、Appleにとって専制君主的なふるまいが許される王国であるのは疑いようがありません。今回のニュースから分かることは、Appleが、iPhoneそしてiPadなど、今をときめく自社の製品や技術、そしてそれに群がろうとする開発者たちを、どのように見ているかということです。これらのApple製品が支持され続けるかぎり、AdobeやFlashテクノロジーに勝ち目はありません。

悲しいかな、Flashデベロッパーとして10年以上の経験を持つ私も、iPhoneの魅力にとりつかれてしまった一人です。だから、今回の措置は、仲のいい友人同士がケンカ別れをしてしまったような、そういう複雑な思いで見ています。

しかし、これも前向きに考えることにしたいと思います。今回のAppleの対応を歴史の事象に例えるなら、これはかつての徳川幕府の鎖国の方針に近いように思います。最近の龍馬伝でもやっていますが、もし黒船のような「外圧」がなければ、徳川幕府はいつまでも鎖国をつづけていたでしょう。しかしながら鎖国は日本にとって、マイナスだったのでしょうか?一概にはそうとは言い切れないかもしれません。日本が日本らしく、他の国にはない独自の文化を持つことができたのは、もしかすると鎖国を国策として二百年以上達成したことがプラスに働いた結果なのかもしれないからです。

つまり、何が言いたいのかというと、AppleがAppleらしさを発展させていくためには、鎖国的対応も必要であるというその姿勢も、Appleファンでもある私としては認めるし、iPhoneを生み出したAppleには十分にそうする権利があることを認めようということです。Androidのような外圧が強力に働けば、Appleの徳川幕府的対応も変化することがあるかもしれませんが、しばらくはないでしょう。であるならば、いっそ鎖国を貫き、何よりもApple独自の哲学を最優先させて、進化してもらいたい。こう思うわけです。

そして、Flashはどこに向かうのか?私にはよく分からなくなってしまいました。AdobeはAndroidだと言ってますが。
ひとつ確かなことは、iPhoneという王国からFlashはふるい落とされた結果、絶対的な唯一の、そして普遍性を持った技術からさらに相対化されて、数多くあるプラットフォームのひとつに近づいたということではないでしょうか?

投稿者 kaoru : 2010年4月22日 16:52

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio