« Google Analytics でFlashを解析する | DEEP KICK.com Blog | Twitter、はじめました »

2009年10月 6日

Flash Professional CS5がiPhoneネイティブアプリ作成に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneでFlashを動かせないかと思案していたFlashユーザーの方に朗報です。Adobeのアナウンスによると、iPhoneにFlash Playerは対応していませんが、その逆の発想、Flashの次期バージョンFlash Professional CS5では、ActionScript 3で作成したプロジェクトをiPhoneネイティブアプリとして書き出しができるようになるらしいです。拍手!

以前、上のように書きましたが、2010年4月22日時点で、Flash Professional CS5のiPhoneネイティブアプリ作成の機能は、実現不可能と報道されました。詳細は、下記をご覧ください。
Adobe、iPhone向けFlashを断念 Androidにシフトへ

Adobe Labs - Adobe Flash Professional CS5

これはすごいことです。AS3で作成したゲームが、App Storeで販売できるということを意味するんではないでしょうか?なんだか一気にモチベーションが上がりますね。
気になる点は、3G/3GSで変わってくるんでしょうが、どの程度軽くiPhone上で動いてくれるのかですが、既に下記ページより、AS3で作成したiPhoneアプリゲームが紹介されており、App Storeで購入もしくはダウンロードできるようです。興味のある方は、ご自身のiPhoneで実際に試してみるのがいいでしょう。英語ですが、デモンストレーションのビデオもアップされており、参考になります。

Adobe Labs - Adobe Flash Professional CS5: Applications for iPhone

私などは7月にiPhone 3GSを手に入れて以来、せっせとXcodeとObjective-Cの習得に励んできましたが、こちらが本来のネイティブ環境になるわけなので、iPhoneアプリ開発を志す以上、いずれ必要とされるテクノロジーかなと思われるのですが、FlashからもiPhoneネイティブアプリを開発することができる道が開けたというのは、今後Flashの活躍の場が大いに拡がるのではと期待します。

投稿者 kaoru : 2009年10月 6日 19:17

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio