« 「Designer meets Designers 02」終了 | DEEP KICK.com Blog | Flash Creative Technique - vol.69
ActionScript 3.0 事始め(1) »

2007年12月 1日

Flash Creative Technique - vol.68
SharedObject + XMLで、ローカル環境にデータを保存する

このエントリーをはてなブックマークに追加

w73cover.jpg web creators 2008年01月号 の「Flash Creative Technique」は「SharedObject + XMLで、ローカル環境にデータを保存する」になります。

puzzle3.png できあがりのサンプルはこちらをクリック。

前回(FCT vol.67)前々回(FCT vol.66)で作成したFlashによるパズルゲーム「東京23区パズル」にSharedObjectを使い、ゲーム結果の履歴をローカル環境に保存して再利用する機能を追加します。「東京23区パズル」とは、東京23区をパズルのピースに見立てて、海岸線だけが記されている白地図の上に正確に並べられるかどうかを競うパズルゲームです。今号はゲームの結果を保存する機能の作成やXML形式のデータを解析してDataGridコンポーネントに表示する部分に焦点をあてて、解説しています。

投稿者 kaoru : 2007年12月 1日 13:16

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio