« テクノラティのタグ検索結果をエントリーに表示する | DEEP KICK.com Blog | Yahoo!検索WebサービスをMobable Typeのエントリに表示する »

2006年8月16日

Flash Creative Technique - vol.52
プリントカラーシミュレーターの作成(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

web creators 2006年9月号web creators 2006年9月号の「Flash Creative Technique」は「プリントカラーシミュレーターの作成」(前編)になります。

サンプルコンテンツできあがりのサンプルはこちらをクリック。

さて今回からは新しいテーマとして、Colorオブジェクトを使用するFlashアプリケーションについて前編・後編の2回に分けて解説しておりますが、詳細は雑誌の方を読んでいただくとして少しばかり裏話的なところを話してみたいと思います。

例によって、Flash + XML を使用したアプリケーションの一つになるわけですが、最近私ハヤシカオルの興味がどうしてもFlash + XMLに向いてしまっているので、前々回のサンプルのPhoto Gallery、前回のサンプルのFLVPlayback コンポーネントに続いてまたかといった感じですが、この際こFlash + XMLを何も見なくてもスラスラと作れてしまうほどに究めて、最大の自分の武器にしてしまいましょう!と、かなり言い訳がましいことを言っておりますが。でも今後Flashアニメーションは別にして、Flashで何か作ろうとした場合にFlash + XML(RSS FEEDもXMLですね)の組み合わせは、重要です。Ajaxがあるんだから、Flax?があっても不思議ではないですね(Flexというのがあるようですが、筆者よく知りません)。そう、Flax、この言葉をこの際、LAMP (Linux Apache MySQL PHP)とかMAMP (Mac Apache MySQL PHP)のように根付かせてしまうのもいいかな。などとうさんくさいことを考えてたりしていますが、冗談はさておき、Flash + XML ですね。

今回のサンプルの機能を簡単に説明すると、Tシャツの生地の色と柄(プリント)の色の組み合わせをあらかじめ用意されたカラーパレットからそれぞれの色をスポイトツールのようなもので選択してシミュレートできる、そういったものであります。ただし、今月号の解説ではまだ完成にはなりません。したがって上のサンプルも未完成のものです。この連載では「プリントタイプ」と勝手に呼んでおりますが、Tシャツのプリントの種類のことですが、それをコンボボックスから選択すると「Tシャツイメージ表示エリア」に選択されたプリントが反映されると。で、このプリントタイプというのは、プリントのデザインだけを決めた「プリントタイプ用外部swf」を読み込んで表示しております。これらは「プリントxml」で制御されております。つまりこのXMLドキュメントを編集することで、プリントタイプの追加・編集・削除が可能だということですね。

そのような次第で、今月号のもっとものヤマ場は、「プリントxml」の読み込みになります。XMLの内容が変わってもXMLの読み込みの手順がそう変わるわけではないので、がんばってマスターしてしまうと後々非常に楽といいますか、なんでもかんでもXML化してFlashに読み込みたくなります。これは一種の病気のようなものですね。RSSもFlashに読み込んで、あれこれアグリゲートしたくなります。そうなるとそれはFlash版のRSS Readerというアプリケーションになるわけですが。次回とは言わなくても(またFlaxか!と飽きられるのも気が進まないので)、いずれRSS Readerなんかも作ってみたいですね。最近gooやYahooなんかが検索結果をRSSで取り出せるようにしていますし。

そのようなわけで、後編を楽しみにしていてください。

テクノラティ タグ検索:

投稿者 kaoru : 2006年8月16日 23:31

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio