« お台場のユカギルマンモス | DEEP KICK.com Blog | チンパンジーのオフィス »

2006年2月 5日

東レパンパシフィックテニス観戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

千駄ヶ谷の東京体育館に、東レパンパシフィックテニス 2006のセミファイナルを観に行ってきた。東レ過去4回の優勝を誇り、先日の全豪でベスト8の結果を残して復活したマルチナ・ヒンギス選手 VS 人気のマリア・シャラポワ選手。これは今回の東レでもっとも観てみたい対戦カード。こんないい対戦カードのときに観に行けるとは、非常にラッキー。
先週末も予選の2回戦だったが、観に来ていたりして、この時期は毎年東レが熱い。予選も楽しめたが、今日はトッププロ、グランドスラム優勝経験者の対戦とあって、観る方も松岡修造氏ほどではないが、気合いが入る。

結果は6-3,6-1の2-0でヒンギスが快心の勝利。シャラポワの惜しいUnforced Errorが目立った。特に第2セットの第7ゲームあたり、シャラポワのサービスでバックハンドをネット、次のドライブボレーをアウトしてブレークされた。惜しいんだけど、相手がヒンギスということもあってか、確実に決められずに自滅。あそこできれいにキープができていれば多分シャラポワももう少し粘れたか第3セットに持ち込むチャンスはあったはずなんだけど、そうはさせないヒンギスが強かった。シャラポワのサーブとストロークをもってしても楽にキープさせてもらえなかった。ヒンギスは、シャラポワを左右に振り回し、浅いボールは前にでて確実に決める。かつての天才ヒンギスが完全に戻ってきたのを観ることができて、個人的に非常に嬉しかった。今日のヒンギスはテニスを楽しんでいたね。自由自在にボールをコントロールしていたような感じ。しかしシャラポワを簡単にねじ伏せるとは。強い。
次のエレーナ・ディメンティエワ選手 VS アナスタシア・ミスキナ選手もガンガンストローク打ってくるタイプ同士の対戦なんで、2004年のローランギャロス決勝の再現みたいで楽しめたが、その前のヒンギスのレベルというか勝ちっぷりがあまりに鮮やかだったんで、やや退屈に思えた。もう少し近くの席で見れれば迫力もあったんだろうが、3階席の最上段では、ちょっと遠い。第2セットを終えてセットカウント1-1のところで東京体育館をあとにした。結果はディメンティエワ選手が勝ち、明日の決勝は、ヒンギス VS ディメンティエワ。これはディメンティエワには悪いが、ほぼヒンギスの5回目の東レ優勝は決定だろう。

投稿者 kaoru : 2006年2月 5日 00:04

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio