« 2004年11月 | Blog Top | 2005年1月 »

2004年12月17日

文化庁メディア祭・審査委員会推薦作品に選ばれる

bunkacyo_media.jpgハヤシカオル制作のFlashテニスゲーム「スーパー・チリタイマーズ・テニス」が、平成16年度 文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門・審査委員会推薦作品をゲット!
うむ、素晴らしい。自画自賛じゃ。
他の作品のクレジットを見てみると、知っている会社もありますね。
エンターテイメント部門の大賞はNintendoの「まわるメイドインワリオ」。スーパー・チリタイマーズ・テニスと同じ土俵だったのがすごい。

投稿者 kaoru : 2004年12月17日

2004年12月11日

次期バージョン

Flashテニスゲーム「スーパー・チリタイマーズ・テニス」の次期バージョンの開発を進めている。
クライストチャーチで暇していたとき、このゲームを作り始めた。あれから1年。
現在公開しているバージョンは1.7、これは5ヶ月ほど前にアップしたものなんだけど、よりテニスゲームとしての完成度を高めるため、対戦相手のレベルアップの試行錯誤しているが、これがなかなか奥が深くて、単に自分が操作するキャラクターのレベルを下げれば相対的に相手は強くなるのだけれど、より実際のテニスに近いスリリングなラリーが展開されないとおもしろくない。
そのあたりの試行錯誤を続けているが、かなり完成度は高まってきた。
ただこのゲームをどういうふうに活用していくかについては、よく考えなければならない。
今まで無料で遊べるようにしてきたけど、それはそれで大勢の方に遊んでもらってよかったように思う。
次期バージョンを無料で公開するか、有料にするか、あるいは部分的に無料にするのか。
スーパー・チリタイマーズ・テニスのチャレンジは続く。

投稿者 kaoru : 2004年12月11日

2004年12月 9日

最近どうも仕事の調子が。。。

最近どうも仕事の調子が。。。良い(笑)。

ブログ全然更新していないから、何も仕事していなかったようにも見えるが、実際はその真逆で、一気に仕事の波が来て、全速力で駆け抜けてようやくゴールテープを切ったところ。
休む間もなく、遠泳、自転車、マラソンとこなすトライアスロン状態をどうにか乗り切りつつある。
一気にどっと仕事が立て続けてに来て、そして終わらせていった。いやまだ終わっていない、始まったばかりのものもある。
そんな状態が続いたので、ブログのことはすっかり忘れていた。
なんの仕事だったのか、それはいずれ明らかにできるはずだが、今はまだ言えない(笑)。
いずれもFlashの仕事だったとだけ言っておきたい。
ひょっとしてハヤシカオルは「売れっ子」になりつつあるのだろうか?
そんなバカな。
いや、前々から思っていたけど、きっとそうだ。
その証拠に、今こんなに忙しいではないか。
平日ものんきにテニスをしているような日々が遠い過去のものになりつつあるではないか。

自己暗示はそのへんまでにしておいて、そういえば先日スコティッシュの友人、クリスチャンがやって来た。
仕事で北京、上海に来たついでに3日ほど東京での用事を済ませるため、我が家に滞在していった。
クリスチャンは、UKを拠点にしている翻訳会社・translation companyのlingo24のFounderで、僕の大切な友人なのだ。
クリスチャン滞在中は、仕事の手を休めて妻の3人で、東京タワーに登ってみたり、銀座で韓国料理を食ったり、近所のコートでテニスしたりしているうちに、あっというまに時間が過ぎて、クリスチャンは再び中国での仕事へ戻っていった。4月にうちに来たときは、浅草、神宮球場でヤクルトー横浜の開幕戦、そして新宿を案内した。これでもう東京は完璧にマスターしたことだろう。成田から北千住の我が家まで、一人で来れたし、完璧にメトロ、JRを乗りこなしているとは、さすが翻訳業界の若き実業家だけある。

クリスチャンを日暮里まで見送った後、制作、打ち合わせ、締め切り、修正、新規案件の契約、新規依頼の問い合わせ、電話は鳴る、海外の某組織から素晴らしきニュース、友人が勤めている会社からの制作依頼、まあ、いろいろあって、まるでトライアスロンのよう。
さあ、もうひとふんばりや。

投稿者 kaoru : 2004年12月 9日 | コメント (2)

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio