« SUBARU Recruiting Board 2005 | DEEP KICK.com Blog | とあるプロジェクトを開発中 »

2004年11月13日

ビデオアーカイブ・チリタイ劇場

このエントリーをはてなブックマークに追加

chilitimers_theatre.jpgブログを立ち上げて困ることは、しばらく間が空いてしまったときに、マヌケな感じがしてしまうことだけど、何もしていなかったわけではなく、その逆で、ハヤシカオルは仕事に趣味に非常に多忙だった。
今とあるFlashゲーム制作の契約をすすめているのだけれど、来週中には仕事になるかならないかハッキリするかな。仕事になるといいな。ま、それは今後の楽しみにしておいて、最近仕上げたのは、ウチウチの仲間たちだけで見て楽しむコンテンツで、「ビデオアーカイブ・チリタイ劇場」というものだ。

僕が主宰している社会人テニスサークル「オオクボチリペッパーズ & センジュタイマーズ」の秋合宿が先日あって、二日間、千葉の九十九里にて総勢17名で大騒ぎしてきたんだけど、友人がビデオカメラで撮っていたそのときの模様をFlashで制作したアプリケーションでネット上で見られるようにしたのがそれだ。ちなみに画像の中でサーブを打っている人物が僕である。
ただ残念ながら、このビデオアーカイブは、長さ約11分におよぶ「抱腹絶倒の超大作」なんだけど、わがテニスサークルのメンバーの名誉のことや使用している素材の著作権などもあって、メンバーのみが閲覧できるようにしている。
前々から考えていたことではあるが、やはりFlashと映像を組み合わせて何ができるかという僕なりの課題に対する一つの回答にもなったかもしれない。ま、似たようなことは「きたせんじゅ・ねっと ビデオアーカイブ」でもやっているのだが、今回はなんと言っても映像と編集のクオリティやアプローチ、そして素材がまったく違うため、より深く私に映像で伝えられることの可能性というか魅力を知らしめた。
これまでデジカメで撮影した写真をフォトアルバムにしてウェブ上で共有する試みはしてきたけれど、やはり映像にはものすごい力というか、映像ならではの見せ方、表現があって、これが僕にはあたかもテレビ番組を自分で制作しているかのような気分になってくるほど画期的なことだった。
これって、やはり今後の仕事になりうるジャンルだと確信した。

投稿者 kaoru : 2004年11月13日 00:16

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio