« Flashpoint | DEEP KICK.com Blog | ヤングジョブスポット北千住 »

2004年10月 6日

あわただしい日

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はあちこちから電話がかかってくるあわただしい日で、ちょいとジタバタしてます。きたせんじゅ・ねっとへのバナー掲載の問い合わせや、3つの派遣会社(全部違う派遣会社)からたてつづけに仕事の依頼が舞い込んできたり。しかし10月20日過ぎまでちょいと大きいFlash制作の仕事が入る予定があって、断らざるをえなかったんですが。

その中でも笑えたのが、「明日1日だけの仕事なんですが。。。イラストレーターとかフォトショップを使える人を探している印刷屋さんがあって。ハヤシさん空いていないかなと思いまして。でも空いてないですよね」と電話越しに聞こえる担当者の声。
はい、お察しのとおり空いてません、といって丁重にお断りしたのだが、しかしちょっとこれにはこちらも苦笑いしてしまった。
この担当者にはお会いしたこともなければ話をしたこともはじめてなのだけれど、ハヤシカオルが何者か、今どういう仕事をしているのかまったく調べずにダメもとで電話してきたんだろうなー、というのがアリアリと見えました。
私はスケジュールが空いているときは派遣の仕事も条件や内容次第では入れるようにしていますが、取引させていただいているエージェントはほんのわずか。昔あちこちの派遣会社にところかまわず登録したから、よほど暇でないと受けられないようなわけのわからん仕事の紹介は相変わらずきます。派遣会社も仕事をかき集めるのに必死なんでしょうね。

もう一つ笑えたのは、前に一緒に仕事をすることが多かった別の派遣会社から電話がかかってきて「DEEP KICK.com のハヤシカオルさんですか?私どもはクリエイター中心の人材派遣会社でして。。。。」というから、
はい、いつもお世話になっております。ニュージーランドに行く前までは非常にお世話になっておりました、というと、
「そ、それは失礼しました。既にご登録済みだったのですね。。。ガチャ」
どうやら私がまだ未登録だと思って電話してきたらしい。しかし何を見て連絡してきたのか聞けばよかった。

また以前の話だが、こういうこともある。派遣会社が仕事のクライアントの名前をあげると、私の取引先だったりして。そう言うと、結局その話は流れてしまいましたが、私の取引先にエージェントを通して派遣社員として行くのも、新鮮味があっていいかもしれない。取引先は驚くでしょうけど。

ウェブ制作業界は非常に狭いです。でもそのことに気が付いて仕事をしている人がどれくらいいることか。
いつどこで誰と一緒に仕事をするか将来のことは誰にもわかりません。だからいい加減な仕事をしたり、よくわからない理由で他人の仕事をケナすとたちまち広がります。
だからというわけではなく、当たり前のことなんですが、最初からきっちりとしたポリシーを持って仕事をすることが、結局はいい対人関係の中で仕事に集中することができます。

投稿者 kaoru : 2004年10月 6日 16:22

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio