« 発売から早2ヶ月。。。 | DEEP KICK.com Blog | いよいよBlog »

2004年9月28日

パッヘルベルのカノン

このエントリーをはてなブックマークに追加

美しいハーモニーでリラックスしたいときに、真っ先に思い浮かぶのは、パッヘルベルのカノン。

この曲は名曲中の名曲で、仕事中にもよく聴きます。
この曲を作曲したパッヘルベルは、バッハやビバルディらが活躍したバロック時代のオルガン奏者です。
この曲について何かおもしろい情報はないかと調べてみると、興味深いページが見つかりました。
http://club.pep.ne.jp/~masa.w/pkanon.htm
この著者さんによると、ハ長調になおした(原曲はニ長調)時のコード進行は、
C?G?Am?Em?F?C?F?G
となり、ギターでこのコードを弾いてみると、確かにカノンになりますね。
このコード進行は日本の数々のヒット曲に使われているらしくて、例をあげると、
・なごり雪
・心の旅
・Ya Ya あのときを忘れない
・悲しい気持ち
・愛は勝つ
・Let It Be
などがあるそうです。ヒット曲の原点とも言える曲で、このコード進行を使えば、自分もヒット曲が作れるのではないかという気もしてきます。

投稿者 kaoru : 2004年9月28日 14:29

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: パッヘルベルのカノン:

» パッヘルベルのカノン from 牧歌組合?耳コピとエロジャケ?
◆出社途中の東京フォーラム中庭で 鳴り響く「パッヘルベルのカノン」のギター演奏。 奏者は Daniel というミュージシャン。 東京フォ... [詳しくはこちら]

このエントリーをはてなブックマークに追加

contents
about
contact
Photo Gallery
blog
iPhone/iPad アプリ
Kindle book
portfolio