トップページ » News » 登山・防災用GPSオフラインマップアプリ:SkyWalking version 1.07 リリース

登山・防災用GPSオフラインマップアプリ:SkyWalking version 1.07 リリース

登山・防災用GPSオフラインマップ・SkyWalking

登山・防災用GPSオフラインマップアプリ・SkyWalking version 1.07をリリースしました。AppStoreからダウンロードできます。

今回のバージョンアップの内容は以下になります。

・オフライン地図データにカシミール3Dのマップカッターで作成した「KMZファイル」を外部からインポートして利用できるようにしました。
・GPSログ記録中のルートを長押しすることで、高度グラフを表示できるようにしました。

登山や地形に興味のある方は、Windowsマシンで動作する登山用のマップアプリ「カシミール3D」をご存知の方も多いと思います。私も愛用者の一人ですが、今回のバージョンからカシミール3Dのマップカッター機能を使って作成したKMZファイルをSkyWalkingにインポートして、オフライン地図として利用できるようになりました。カシミール3DからKMZファイルを作成する必要があり、やや上級者向けの使い方になりますが、KMZファイル自体は非常にシンプルな構造なので、印刷された地図をスキャンして1枚のデジタル画像データにし、それをSkyWalking上に貼り付けるような感じで、オフラインマップとして使用することができます。KMZファイルの利点としては、例えば国土地理院から提供されている地理院地図の場合、地理院地図が対応している日本国内のエリアしかオフライン地図を作成することができませんが、KMZファイルを作成できれば、そのような制限はありません。ただしKMZファイルの地図は1枚の画像でしかないので、ズームレベルごとに最適化された精度のタイル画像を読み込んでいくような精度の高さはありません。KMZファイルのインポートについては、 「SkyWalkingの使い方」で、詳しく解説しますので、そちらをご覧ください。

また、ルートの高度グラフ表示は、保存済みのGPXファイルやトラックデータのルートが対応していましたが、今回のバージョンから記録中のトラックデータのルートを長押しすることで、その時点までのデータを高度グラフ表示できるようになりました。ぜひお試しください。

→ 詳細は、SkyWalking オフィシャルサイト
SkyWalking Twitter
SkyWalking FaceBook

contents
about
contact
iPhone/iPad アプリ
portfolio
Photo Gallery