トップページ » News » 歩数計 iPhoneアプリ 歩数カウンター リリース!

歩数計 iPhoneアプリ 歩数カウンター リリース!

歩数カウンター
  • アプリの企画・設計
  • デザイン
  • Objective-Cプログラミング(Xcode)
  • アプリの登録・管理全般

歩数計 iPhoneアプリ「歩数カウンター」は、アプリを立ちあげてスタートボタンを押すだけで、あなたの歩数をカウントし、歩数、距離、消費カロリーを記録してグラフ表示できるアプリです。iPhone内部の加速度センサーを利用して、ユーザーの歩行中の加速度を分析し、歩数を読み取って記録します。アプリ起動中のみならず、iPhoneのスイッチをOFFにしても計測できるバックグラウンド処理にも対応。ユーザーの体の加速度をリアルタイムでグラフ表示する機能も実装しています。まずは無料版を使って、歩数カウンターをぜひお試しください。
歩数カウンター サポートサイト

1.歩幅と体重の設定
アプリを最初に起動すると、歩幅の長さと体重を設定するダイアログが表示されます。歩幅は歩行距離、体重は消費カロリーの計算に使用されますので、正確な数値を入力することをおすすめします。ここで入力した設定は、設定画面から変更することができます。

2.歩数の計測
画面下部のタブから「計測」を選択してください。「START」ボタンをタップすると計測を開始します。
iPhoneに内蔵されている加速度センサーから歩数を読み取るため、計測中はiPhoneをなるべく体に密着させる位置(体から離したり手で持って振ったりせずに)に保つようにしてください。歩行ではない体の動きがiPhoneに伝わると、歩数を計測できる精度が落ちることがあります。
正確に歩数が計測できない場合は、設定画面の「加速度センサー感度」を調整してください。実際の歩数より多くカウントされる傾向の場合は低へ、少なくカウントされる傾向の場合は高へセンサーの感度を調整してください。
歩数の計測を終了する場合は、「STOP」ボタンをタップして保存してください。

3.履歴
保存された計測データの履歴を表示するには、画面下部のタブから「計測」を選択してください。無料版は7日間分の履歴だけを表示するように機能が制限されており、歩数データをCSV形式に出力してメール送信する機能がオフになっています。有料のフル機能版はこれらの制限が解除されます。
計測ごとの履歴を表示する「Activities」と日付ごとに集計した履歴を表示する「日別集計」があります。

4.グラフ表示
保存された歩数データをグラフ表示するには、画面下部のタブから「グラフ」を選択してください。無料版は1週間分のグラフ表示だけが有効になります。有料のフル機能版はグレーアウトされている制限が解除されます。

contents
about
contact
iPhone/iPad アプリ
portfolio
Photo Gallery